パートナーとの関係性とデジタルプライバシーに関するグローバル調査(日本を含む世界18カ国男女対象) 

2018年02月28日
Kaspersky Labとグローバル調査会社のTolunaは、日本を含む世界18カ国18,000人の男女を対象にデジタルプライバシーに関するオンライン調査※1を実施し、恋人やパートナーとの関係性とデジタルプライバシーの境界線に関するデータを分析しました。

【調査結果】

■約半数がパートナーにアカウントやデバイスのパスワードを共有

調査の結果、全体の80%が「カップルのそれぞれが自分のプライベート空間をオンラインでもオフラインでも持つべきだ」と答えていますが、「パートナーとの関係は自身のプライバシー以上に大切だ」との回答も70%にのぼりました。全体の半数※2は、デバイスにアクセスするためのパスワードやパスコードをパートナーに教えており、25%は「パートナーのデバイスに自分の指紋を登録している」と回答しています。多くの人がプライベート空間を持つべきと思いながらも、恋人やパートナーとは、デバイスやオンラインの境界線があいまいになってきていることが分かります。

一方日本人は、「カップルのそれぞれが自分のプライベート空間をオンラインでもオフラインでも持つべきだ」と回答した人は73%であり、日本を含む世界の結果と大差はありませんが、「パートナーとの関係は自身のプライバシー以上に大切だ」と答えた人は56%と世界の結果を下回っています。自分のアカウントのパスワードを教えている人は18%、デバイスのパスワードやパスコードをパートナーに共有している人は17%に留まり、「パートナーのデバイスに自分の指紋を登録している」人は16%でした。日本人はプライベートと交際関係との境界線を、海外よりもハッキリわけているようです。

■31%がパートナーの行動をオンラインでチェック、二人の関係が悪化すると監視も強化

自分のオンラインやデバイスにパートナーが自由にアクセスできるようになると、オンライン上での行動をさらけ出すことになり、良くも悪くも秘密が露呈することになります。
全体の33%が「どちらかが、相手が共有したくないと思うものを見た」ために口論になったことがあると答えており、オンライン上の行動に関わるプライバシーや秘密が、パートナーとの喧嘩の発端になる場合もあります。また、31%が「オンラインでパートナーの動向を追うことがよくある」と認めています。また、パートナーとの関係が上手くいってない人※3では、このようにオンラインでパートナーの行動をチェックすると回答した人の割合は40%に上昇します。

二人の関係が悪化すると、自分のオンラインでのプライバシーに対する感じ方も変わります。たとえば、「自身のオンラインでのプライバシーが危険にさらされている」と回答した人の割合は、パートナーとの関係が上手くいっていない人では31%に対し、パートナーとの関係が良好な人※4の場合は15%にすぎませんでした。


※1 6か月以上交際をしているパートナーを持つ、世界18か国の18歳以上の男女18,000名(男性9,000名、女性9,000名)を対象。うち日本の対象者は1,000名(男性500名、女性500名)に行ったオンライン調査。実施時期は2018年1月。調査会社はToluna。
※2 自身やパートナーのデバイスやアカウントについての設問に対し「はい」と答えた人の割合。
「パートナーは私のデバイスにアクセスするためのパスワードやパスコードを知っている」52%、「パートナーのデバイスにアクセスするためのパスワードやパスコードを知っている」51%
※3 パートナーとの関係に「安定しているとは言えず、今後は未定」または「ある程度良い関係だがもっと良くできるはず」と回答した人、5,299人。
※4 パートナーとの関係に「素晴らしい関係で幸せだと感じている」または「良好な関係で満足している」と回答した人、12,488人。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP