2017年 ハイレゾ音源ダウンロード市場概況 

2018年03月01日
GfKジャパンは、主要ハイレゾ音源配信サイトにおけるダウンロード実績集計に基づく「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」※より、2017年のハイレゾ音源ダウンロードの市場概況を発表した。

【概要】

・2017年のハイレゾ音源のダウンロードは数量前年比43%増、金額前年比同16%増
・トラックのダウンロード数が前年の1.7 倍と大きく拡大

【ハイレゾ音源ダウンロードの広がり】

 2017年のハイレゾ音源のダウンロード市場は、数量前年比43%増、金額前年比16%増と拡大が続いた(図1)。市場のけん引役は引き続きアニメジャンルであったが、2017年はアイドル系やゲーム音楽などもリリースが増え好調に推移した。また、洋楽では12月に「The Beatles」のタイトルが初めてハイレゾ配信された。12月は例年市場が最も盛り上がる月であるが、2017年12月もこうした人気タイトルのリリースが相次ぎ、単月のダウンロード数、金額ともに規模は過去最高となった。
 2017年の市場をフォーマット別にみると、トラック(単曲買い)が特に好調であった。ダウンロード数の前年比は、アルバム(まとめ買い)が5%増であったのに対し、トラック(単曲買い)は72%増を記録した。この結果、フォーマット別構成比ではトラックが数量ベースで68%、金額ベースで28%を占めた(図2)。

 ハードをみると、 2017年のハイレゾ対応ヘッドフォン販売は数量前年比36%増となった。1万円以下の値ごろ感がある製品が販売をけん引しており、同価格帯は数量構成比で前年の50%から59%へ拡大した。


※ 「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」概要
提供頻度: 月次
集計対象音楽配信サイト(2017年12月末時点): e-onkyo music、mora 、mysound、レコチョク
調査内容: ハイレゾ音源ダウンロード数・金額((全体・トラック/アルバム(まとめ買い)別))
一般社団法人日本レコード協会協力のもと、GfKが集計、提供

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP