“憧れ”ホテルランキング2018 

2018年02月23日
リクルートライフスタイルが編集を行う国内旅行情報誌『じゃらん』は、「ラグジュアリーホテル」に関するアンケートを実施しました。

“憧れ”ホテル1位は
【関東エリア】帝国ホテル 東京、【関西エリア】ザ・リッツ・カールトン大阪

日常から離れ贅沢な時間を過ごすことができる特別な演出やおもてなし、ホスピタリティの高さに触れられる点がラグジュアリーホテルの魅力のひとつ。近年ゲストがより快適に滞在できるよう、「クラブフロア」や「エグゼクティブフロア」など、特別フロアのゲスト専用ラウンジやコンシェルジェサービスを充実させるホテルが増えてきているのも特徴。

■一度は泊まってみたい“憧れ”ホテルランキング2018

関東エリア
1位 帝国ホテル 東京
2位 ホテルニューオータニ
3位 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル
4位 ザ・リッツ・カールトン東京
5位 ヒルトン東京

関西エリア
1位 ザ・リッツ・カールトン大阪
2位 リーガロイヤルホテル
3位 ホテルオークラ神戸
4位 帝国ホテル大阪
5位 神戸メリケンパークオリエンタルホテル


【調査概要】
調査期間:2017年10月調査/アンケート対象:45都道府県(北海道・沖縄除く)の20~59歳の40,000人の男女にスクリーニング調査を実施。40,000人の内、過去に高級ホテル(部屋単価3.5万円以上)の宿泊経験者を抽出。(12,785名)高級ホテルの認知度・宿泊経験・予約意向・満足度調査を実施し、ランキング化。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP