ノンアルコールビールに関するアンケート調査(第8回) 

2018年02月22日
マイボイスコムは、8回目となる『ノンアルコールビール』に関するインターネット調査を2018年1月1日~5日に実施し、10,941件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■ノンアルコールビールの飲用者は3割、「月に1回未満」が2割弱
■ノンアルコールビール飲用意向は2割、月2~3回以上飲用者の8~9割、月1回未満飲用者の4割強、非飲用者の約2%。非飲用意向は6割強

【調査結果】

◆ノンアルコールビールの飲用頻度
ノンアルコールビールの飲用者は3割、男性や高年代層で比率がやや高くなっています。「月に1回未満」が2割弱みられます。

◆直近1年以内に飲んだノンアルコールビール
直近1年間に飲用したノンアルコールビールは、「ドライゼロ」「オールフリー」「キリンフリー」がノンアルコールビール飲用者の3~4割で上位3位となっています。過去調査と比べて、「キリンフリー」が減少傾向です。女性では「オールフリー」が1位です。

◆ノンアルコールビール選定時の重視点
ノンアルコールビール飲用者の重視点は、「味」が63.1%、「ビールに近い」「価格」「のどごし」が各3割となっています。女性20・30代では、「ビールに近い」の比率が低い傾向です。最頻飲用銘柄別にみると、『アサヒヘルシースタイル』『パーフェクトフリー』では「効能・効果」、『サッポロプラス』『では「カロリー」「糖質」の比率が他の層より高くなっています。

◆ノンアルコールビールの飲用場面、飲用理由
ノンアルコールビールの飲用場面は、「夕食時」が飲用者の38.0%、「車を運転するとき」「お風呂あがり」「飲み会」が1割強~2割で上位にあがっています。「車を運転するとき」は男性50代以上、「夕食時」は男性20代や女性30代以上で比率が高い傾向です。『キリンフリー』『サッポロ プレミアム アルコールフリー』主飲用者では、「夕食時」が他の層より低くなっています。

ノンアルコールビールを飲む理由は、「車を運転するときでも飲める」が飲用者の33.3%、「お酒が飲めなくても、お酒を飲む気分を味わえる」「おいしい」「お酒が飲めなくても、お酒を飲む場に参加しやすい」が各2割となっています。男性20・30代では「おいしい」、女性30代・50代以上では「お酒が飲めなくても、お酒を飲む気分を味わえる」が1位です。

◆ノンアルコールビールの飲用意向
ノンアルコールビールの飲用意向は19.8%、飲用頻度が『月2~3回以上』の層では8~9割、『月に1回未満』の層では4割強、非飲用者では約2%となっています。非飲用意向は64.3%です。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年01月01日~01月05日
回答者数:10,941名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP