「クレジットカード」に関する調査(20~40代男女対象) 

2018年02月22日
生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、「クレジットカード」をテーマにした調査をおこないました。調査結果からは、「クレジットカードの活用傾向」と、「出世」「恋愛」といった人生に大きく関わる要素との相関性が浮き彫りになりました。

<調査結果>

【1】「クレジットカード」と「出世」の関係性について

◆クレジットカードでお金の管理をする人ほど、出世する!?

はじめに、「クレジットカードの活用」と「出世スピード」の関係性について調査を実施。

「あなたは、周囲の同世代と比較して、出世が早いほうだと思いますか?」という質問で、「そう思う」と回答した人を「同世代よりも出世が早い」グループ、そうでない人を「同世代よりも出世が早くない」グループとして分け、「クレジットカードの活用」に関して質問をしたところ、2つのグループでは大きな差がみられました。

まず、「同世代よりも出世が早い」グループでは、「クレジットカードの所有枚数」として最も多かった回答が「4枚以上」(36%)であるのに対し、「同世代よりも出世が早くない」グループでは「1枚」(30%)の回答が最多となっています。また、「2枚以上のクレジットカードを使い分けている人の割合」、「クレジットカードの明細を使ってお金の管理をしている人の割合」も、「同世代よりも出世が早い」グループのほうが高く、それぞれ11ポイント、20ポイントもの差が生じました。

「出世スピードが早い」人ほど、カードを複数もって使い分けをしたり、明細を使ってお金を管理したりなど、クレジットカードを賢く活用する傾向にあると言えそうです。

同じく、「年収別」で見た場合でも違いがみられ、「年収300万未満」のグループでは「2枚以上のクレジットカードを使い分けしている」人の割合が44%であるのに対して、「年収500万以上」で同じ回答をした人の割合は61%と17ポイントもの差が。また、「クレジットカードの明細を使ってお金の管理をしている」人の割合も、「年収300万未満」では34%、「年収500万以上」では45%と違いが生じています。

調査結果からは、 “世渡り上手”な人ほど、クレジットカードも“活用上手”な傾向があることがわかります。

【2】「クレジットカード」と「恋愛」の関係性について

◆モテる人の「クレジットカード選び」とは?

続いては、「恋愛」との関係性について調査を実施。「あなたは、異性にモテるほうだと思いますか?」という質問で、「そう思う」と回答した人を「異性にモテる」グループ、そうでない人を「異性にモテない」グループとして分け、それぞれの「クレジット活用」の傾向を調べました。

こちらの場合も、「クレジットカードの所有枚数」において、「異性にモテる」グループでは「2枚」(30%)、そうでないグループでは「1枚」(31%)と最多回答に違いがみられたほか、「2枚以上のクレジットカードを使い分けている人の割合」では8ポイント、「クレジットカードの明細を使ってお金の管理をしている人の割合」では10ポイントの差が生じました。「異性にモテる」人は、「出世スピードが早い」人と同様、クレジットカードを賢く活用する傾向にあることがわかります。

さらに、「異性にモテる」人は、「ゴールドカードの所有率」や「年会費の支払い意向」も高い傾向に。「異性にモテる」グループの「ゴールドカードの所有率」は26%(「異性にモテない」グループは19%で7ポイントの差)、「年会費の支払い意向」は59%(「異性にモテない」グループは46%で13ポイントの差)にのぼっています。

なお、「異性にモテる」グループの「年会費を支払う理由/支払ってもよいと思う条件」としては、「ポイントなどの還元により、実質的にお得である」(79%)、「付帯サービスが無料で利用できる(旅行保険・ラウンジ利用など)」(29%)、「ステータスの高いカードを利用できる」(25%)などが上位に。「異性にモテる」人ほど、本質を見失うことなく、客観的にメリットの多い判断ができていると言えそうです。


<調査概要>
調査名:「クレジットカード」に関する調査
調査期間:2018年2月5日(月)~2月9日(金)
調査対象:20~40代 男女1,000名(性別・年代 均等割付)
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP