産休・育休からの復職に関する調査 

2018年02月20日
インディプロスは、2014年4月以降に産休・育休から復職した女性152名に対してアンケートを行い、復職後の周囲のサポート状況や自身の気持ちの変化に関する調査を行いました。

【調査結果概要】

1 復帰直前の気持ちについては、約半数の人が「不安」が最も強かったと回答

2 職場復帰後の生活に関しては、約半数の人は「思ったより楽しい」と回答しており、復帰前はネガティブな気持ちが強かった人に関しても、60%以上が「思ったより楽しい」と感じている。
一方で「思ったより辛い」と回答した人が約20%程度存在しており、その大きな要因は「周囲との関係性(無理解/パワハラ)」や「仕事での不完全燃焼感」、「待遇の悪化」を挙げている人が多い

3 復帰前に感じていた大きな不安・懸念は「時間のやりくりができるかどうか」と「子供のケアができるか/さみしい思いをさせないか」

・このうち時間のやりくりに対しては3分の2の人が「会社のサポートが十分だった」と回答

・一方で、「子供のケアができるか/さみしい思いをさせないか」といった家族への懸念に対しては、会社の配慮が十分だったと回答した人は半数に満たない

4 忙しい中でも仕事と育児の両立を頑張れる原動力に関しては、「自分が貢献できる場があることを実感したいため」が半数を超えてトップ。
しかしこの思いに反して、仕事での能力発揮に対する会社のサポートが十分だったと回答した人は25%程度にとどまっている

【調査結果のポイント】

(1) 復職に際しての気持ちとその後の変化

復帰前に抱く最も大きな感情は「不安」。しかし、実際に復帰した後には「思ったより楽しい」との回答が半数に及んでいる。

(復帰前にはネガティブな感情を抱いていた人でも、6割以上が「思ったより楽しい」と回答)

・復帰後の生活を「思ったより楽しい」、「思った通り楽しい」と感じた人について、その要因で特に多いものは[1]仕事内容の充実、[2]一人時間の確保/複数の世界を持つことによる充実感と心のバランス維持、[3]周囲との関係(雰囲気/サポート)

・復帰後の生活を「思ったより辛い」、「思った通り辛い」と感じた人について、その要因で特に多いものは[1]周囲との関係(無理解/パワハラ)、[2]仕事での不完全燃焼感、[3]待遇の悪化(降格/給与減額)

(2) 復帰に際しての「不安」の中身と職場フォローの充足度

時間的制約をはじめとした環境面での整備は各企業で整いつつある一方で、家族に関する心配事や罪悪感といった表に出しにくい「気持ち」は理解してもらえていないと感じるケースが多い。

・復帰に際して特に大きかった不安・懸念は「時間のやりくりができるかどうか」と「子供のケアができるか/さみしい思いをさせないか」

・なかでも最も多い懸念である「時間的制約」に関しては、70%超の回答者が「会社の配慮は十分」と回答

・一方、同様に懸念の多い「子どものケアができるか/さみしい思いをさせないか」という家族への想いの理解に関しては、「十分」との回答は40%程度にとどまっている

(3) 両立の原動力

仕事と育児の両立を頑張れる一番の原動力は「貢献実感」と「将来のキャリア」。しかし職場のサポートは最も不足。

・仕事と育児の両立を頑張れる原動力は「自分が貢献できる場がある実感をもちたいため」がトップで50%超。「将来のキャリア」についても「家計のため」と並んで約3分の1が原動力と答えている

・今の会社で働き続けたい理由は、「時間の長さ・自由度」の次に「仕事の中身」が多く、「両立支援の制度・仕組み」よりも仕事の中身が優先される傾向にある

・しかし一方で、「仕事での能力発揮」や「キャリア形成」に対しては、他のサポートと比べて十分でないとの回答傾向にある


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:2014年以降2017年7月までに育休から職場に復帰した女性
有効回答者数:152人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP