アフィリエイト市場調査2017 

2018年02月16日
アフィリエイト・プログラムの業界団体「日本アフィリエイト協議会」(JAO)は、「アフィリエイト市場調査2017」の調査結果を発表。本調査は2017年11月14日(火)~11月16日(木)まで、ネットリサーチ会社の株式会社クロス・マーケティングの協力のもと、アフィリエイトサイト運営者(アフィリエイター)1,000名を対象に実施したアフィリエイト・プログラムに関する市場調査になります。

アフィリエイト市場調査2017では、月3万円以上のアフィリエイト収入があるアフィリエイターやブロガーは全体の5.7%という結果となりました。2013年に当調査を開始して以降、最も高い数値です。

過去のアフィリエイト市場調査結果との比較

■アフィリエイト市場調査2013: 月3万円以上が2.4%、月1,000円未満が78.4%
■アフィリエイト市場調査2015: 月3万円以上が4.0%、月1,000円未満が70.2%
■アフィリエイト市場調査2017: 月3万円以上が5.7%、月1,000円未満が72.3%

回答者のアフィリエイト歴は「5年以上~10年未満」と「10年以上」がもっとも多く、全体の46.4%を占めています。アフィリエイターが1人あたり運営しているアフィリエイトサイトの数(ブログを含む)は、全体平均で「3.4サイト」という結果になりました。

アフィリエイト市場調査2017の回答者を、月のアフィリエイト収入1,000円未満と3万円以上にグループ分けしてみた結果が下記テーブルです。運営しているサイト数、1日あたりアフィリエイトにかけている時間に2倍以上の違いがある事が分かります。

アフィリエイトは誰でも簡単に稼げるわけでは無く、「時間と労力をかけ、しっかりとサイトを運営・管理しているアフィリエイトサイト運営者ほど、アフィリエイトで高い収入を得られる傾向にある」という点が2017年度のアフィリエイト市場調査によって示されております。


【調査概要】
実施:日本アフィリエイト協議会
協力:株式会社クロス・マーケティング
期間:2017年11月14日(火)~11月16日(木)
人数:スクリーニング調査5,574名、有効回答数1,000名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP