ファッション通販サイトに関するアンケート調査 

2018年02月17日
マイボイスコムは、『ファッション通販サイト』に関するインターネット調査を2018年1月1日~5日に実施し、10,750件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■直近1年間にインターネットで衣料品を購入した人は5割、男性4割強、女性6割。購入頻度は、「3~4ヶ月に1回程度」「半年に1回程度」がボリュームゾーン
■直近1年間にインターネットで衣料品を購入した人のうち、ファッション通販サイトで購入した人は8割。「ショッピングモールサイト(楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなど)」での購入者は5割弱

【調査結果】

◆インターネットでの衣料品の購入頻度
直近1年間にインターネットで衣料品を購入した人は5割、男性4割強、女性6割です。購入頻度は、「3~4ヶ月に1回程度」「半年に1回程度」がボリュームゾーンとなっています。

◆衣料品を購入した通販サイト
直近1年間に衣料品をインターネットで購入した人のうち、ファッション通販サイトでの購入者は8割です。提示した選択肢の中では、「ユニクロ」が22.0%、「ニッセン」「セシールオンラインショップ」「ベルメゾンネット」「ゾゾタウン」が各9%台となっています。20代・30代では「ゾゾタウン」、男性20代では「ジーユー」、女性50代以上では「セシールオンラインショップ」「ベルーナ」の比率が高くなっています。「ショッピングモールサイト(楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなど)」での購入者は5割弱、30・40代で比率が高い傾向です。

◆インターネットで購入した衣料品
直近1年間にインターネットで購入した衣料品は、「下着、インナー」「Tシャツ、カットソー、ポロシャツ」「パンツ、ズボン、スラックス」が購入者の3~4割です。男性20~40代では「Tシャツ、カットソー、ポロシャツ」が最も多く、「ニット、セーター、カーディガン」は女性で比率が高くなっています。

◆衣料品を購入する通販サイトの重視点
直近1年間に衣料品をインターネットで購入した人の通販サイトの重視点は、「商品価格」「送料が安い・無料」「豊富な品揃え」が各5割でトップ3、「サイズ展開が豊富」「品質がよい」が3割弱で続きます。「ポイントやクーポン、セール、キャンペーンなどが充実している」「クチコミ・レビューが見られる/書き込める」は女性で比率が高く、インターネットでの衣料品購入頻度が高い層では「豊富な品揃え」が高い傾向です。最頻購入ファッション通販サイト別にみると、『ゾゾタウン』では「豊富な品揃え」、『セシールオンラインショップ』では「商品価格」の比率が高くなっています。『オットー』『オンワード・クローゼット』では「品質がよい」が最多です。

◆インターネットでの衣料品購入意向
衣料品のインターネットでの購入意向は43.3%、男性約35%、女性5割強です。女性30・40代では6割弱と他の層より比率が高くなっています。衣料品購入頻度が『半年に1回以上』の層では7~9割、購入経験者(直近1年間非購入者)では3割弱、非購入経験者では約3%です。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年01月01日~01月05日
回答者数:10,750名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP