クレジットカードの利用に関するアンケート調査(第7回) 

2018年02月16日
マイボイスコムは、7回目となる『クレジットカード』に関するインターネット調査を2018年1月1日~5日に実施し、10,798件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■保有しているクレジットカードは「楽天カード」がクレジットカード保有者の5割強、「イオンカード」「JCBカード」「セゾンカード」「三井住友VISAカード」「Yahoo!カード」が2~3割
■クレジットカード選定時の重視点は、「年会費が安い」「ポイントサービスが充実している」が上位2位。過去調査と比べて「加盟店数が多い」は減少傾向

【調査結果】

◆クレジットカードの保有枚数、直近1年以内の入退会
クレジットカードの所有者は8割強です。「3枚以上」は49.6%、男性40代以上や女性50代以上では5~6割となっています。
ここ1年以内の入会者はクレジットカード所有者の2割、「入会のみした」は15.4%、「入会・退会両方した」は5.1%となっています。

◆保有しているクレジットカード
保有しているクレジットカードは、「楽天カード」がクレジットカード保有者の51.0%、「イオンカード」「JCBカード」「セゾンカード」「三井住友VISAカード」「Yahoo!カード」が2~3割で上位にあがっています。「Yahoo!カード」は、2015年調査時より増加しています。「セゾンカード」「イオンカード」は、女性や高年代層で比率が高い傾向です。

◆最頻利用クレジットカードの利用場所
最頻利用クレジットカードの利用場所は、「ネット決済」がクレジットカード利用者の64.0%、「スーパー」が43.1%で上位2位、「飲食店」「宿泊施設」「デパート」が各3割弱です。「コンビニエンスストア」は男性20~40代、「高速道路」「ガソリンスタンド」は男性40代以上で比率がやや高くなっています。最頻利用カード別にみると、『OMCカード』『イオンカード』『セブンカード』では「スーパー」が6~7割、『ビュー・スイカカード』では「駅」が7割弱で1位です。『ANAカード』『JALカード』では「宿泊施設」、『NICOSカード』『TS CUBICカード』では「ガソリンスタンド」「高速道路」が上位にあがっています。

◆クレジットカード選定時の重視点
クレジットカード所有者の重視点は、「年会費が安い」「ポイントサービスが充実している」が各6割で上位2位です。過去調査と比べて「加盟店数が多い」は減少しています。「よく利用する店舗で使える」は、女性で比率が高い傾向です。「ポイントサービスが充実している」は『Yahoo!カード』『ジャックスカード』『ライフカード』『リクルートカード』『楽天カード』主利用者、「マイルを貯めやすい」は『JALカード』『ANAカード』主利用者で高くなっています。

◆クレジットカードでの支払い状況
クレジットカード所有者のうち、決済・支払い時にクレジットカードを使う人は、「よく使う」「ときどき使う」を合わせて7割強です。「よく使う」が48.0%と半数弱を占めます。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年01月01日~01月05日
回答者数:10,798名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP