コンビニコーヒーに関するアンケート調査(第5回) 

2018年02月16日
マイボイスコムは、5回目となる『コンビニコーヒー』に関するインターネット調査を2018年1月1日~5日に実施し、10,955件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■直近1年間のコンビニコーヒー購入者はコンビニ利用者の6割、週1回以上の購入者は2割強。直近1年間の購入者のうち、「セブンイレブン」での購入者が7割強、過去調査と比べて「ローソン」が増加傾向
■コンビニコーヒーと一緒に食べ物を購入する人は、直近1年間購入者の6割。「パン類」「お菓子・スナック類」が2~3割

【調査結果】

◆コンビニコーヒーの利用頻度、購入したコンビニエンスストア
直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人は、コンビニエンスストア利用者の6割、20代では5割弱と低くなっています。週1回以上の購入者は2割強(直近1年間購入者の4割弱)、男性の比率がやや高くなっています。

直近1年間にコンビニコーヒーを購入した人に購入店舗を聞いたところ、「セブンイレブン」が73.3%、「ローソン」「ファミリーマート」が各5割弱となっています。過去調査と比べて、「ローソン」が増加傾向です。四国では「ローソン」が6割強で1位、関東や中部では「ファミリーマート」が2位となっています。

◆コンビニコーヒーの購入理由
コンビニコーヒーの購入理由は、「価格が安い」「値段の割においしい」が直近1年間購入者の4~5割、「缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー等よりおいしい」「味が本格的」「できたてが飲める」「気軽に買える」「自動販売機のカップ入りコーヒーよりおいしい」が2~3割で上位にあがっています。セブンイレブンのコンビニコーヒー主購入者では、「価格が安い」「味が本格的」が他の層よりやや高くなっています。

◆コンビニコーヒー購入時の重視点
コンビニコーヒー購入時の重視点は、「味」「価格」「香り」が上位3位、以下「容量、サイズ」「コクがある」「本格的」「店舗が近くにある」が1~2割で続きます。セブンイレブンのコンビニコーヒー主購入者では、「味」「香り」の比率が他の層よりやや高くなっています。

◆コンビニコーヒーと一緒に買う食べ物
コンビニコーヒーと一緒に食べ物を購入することがある人は、直近1年間購入者の6割です。「パン類」「お菓子・スナック類」が2~3割、「コンビニドーナツ」「ホットコーナーにある商品」が各1割強となっています。男性20代では「ホットコーナーにある商品」、女性20代では「お菓子・スナック類」が1位です。

◆コンビニコーヒーの利用意向
コンビニコーヒーの利用意向者は48.9%です。コンビニコーヒー月1回以上の購入者では8~9割、購入中止者(直近1年間非購入者)では2割強、購入未経験者では約7%となっています。セブンイレブンのコンビニコーヒー主購入者では、「利用したい」という強い意向が5割弱と他の層より高い傾向です。非利用意向者は28.2%、女性20代では4割弱と他の層より高くなっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年01月01日~01月05日
回答者数:10,955名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP