ファッション業界 職種別平均年収2017年版 

2018年02月14日
パーソルキャリアが運営するファッション・アパレル業界専門の転職支援サービス「CREDENCE(クリーデンス)」は、「ファッション業界 職種別平均年収2017年版」を発表しましたのでお知らせいたします。本調査は、クリーデンスの転職サービスに、2017年1月から12月までに登録した25〜39歳に該当する転職希望者の年収データを集計したものです。

【調査結果概要】

~“売る”力が求められ、「プレス・販促」と「店舗管理」が高年収に~
年代別の平均年収を見ると、25〜29歳では、1位は「店舗管理」(386万円)、2位は「VMD」(382万円)、3位は「MD・バイヤー」(379万円)となりました。30〜34歳では、1位は「プレス・販促」(454万円)、2位は「店舗管理」(439万)、3位は「MD・バイヤー」(434万円)となりました。35〜39歳では、1位は「プレス・販促」(520万円)、2位は「MD・バイヤー」(499万円)、3位は「OEM営業」(493万円)となりました。

2017年は“売る”力を求める企業が増加したことにともない、「プレス・販促」が30代前半と30代後半で1位となりました。「プレス・販促」として“売る”ためには、社内外との折衝能力や編集者やスタイリストとのネットワーク、展示会やイベントの運営力、そして制作・撮影スタッフのディレクション能力などさまざまな力が求められます。そのため、アパレル業界で「プレス・販促」の経験を積んだ30代の求人ニーズが高まり、年収の底上げにつながったと想定されます。

20代後半で1位、30代前半で2位となった「店舗管理」も、直接的に“売る”仕事に繋がる「販売」スタッフや「店長」を統括・管理する重要なポジションであるため、求人ニーズが増え高収入につながったと考えられます。また、働き方改革が急速に進む昨今、就労環境の見直しが重要なミッションとなる「店舗管理」の需要は、引き続き伸びていくでしょう。


<調査概要>
調査期間:2017年1月〜2017年12月
対象:クリーデンス転職支援サービス登録者
調査方法:登録者の年収データより算出

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP