プレミアムフライデー導入後金曜日に出発する旅行者数のシェア率調査 

2018年02月13日
DeNAトラベルは、プレミアムフライデー導入前の2016年2月から2017年1月までの期間と導入後の2017年2月から2018年1月までの期間で、最終金曜日が含まれる1週間のうち金曜日に海外旅行へ出発する旅行者数のシェア率を調査し、プレミアムフライデー導入前と導入後で比較しました。

最終金曜日が含まれる1週間における金曜日出発のシェア率

2016年2月~2017年1月
導入前
2017年2月~2018年1月
導入後
増加率
2月15.0%18.0%120.0%
3月19.8%15.4%77.8%
5月21.9%20.2%92.2%
6月18.4%8.9%102.7%
7月18.2%17.4%95.6%
8月17.0%19.6%115.3%
9月19.3%14.5%75.1%
10月20.2%19.1%94.6%
11月16.5%13.0%78.8%
1月19.7%18.4%93.4%
 プレミアムフライデー導入前後の夜(19:00~23:59)に出発する海外航空券の購入者数(キャンセルされた分は除く)を調べたところ、導入が開始された2017年2月は導入前の2016年に比べ、金曜日の夜に出発する人は120.0%と大幅に増加し、プレミアムフライデーを活用して海外旅行を楽しむ人が多くいたことが分かります。しかし、3月では前年比77.8%と大幅にダウン。2017年の最終金曜日は31日と年度末だった為、プレミアムフライデーの活用が難しかったのではと推測されます。

 その後も、8月に115.3%と前年よりも増加している月もあるものの、減少してしまっている月が多くみられます。

日本政府観光局(JNTO)※の発表によると2017年の年間での日本人出国者数は前年比4.5%増加と海外への旅行者数は増加しているのに対し、プレミアムフライデーでの出国者の増加があまり見られないことから、プレミアムフライデーを活用しての海外旅行は難しい傾向にあることが伺えます。

※日本政府観光局(JNTO)報道発表資料より

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP