モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年1月度) 

2018年02月07日
ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年1月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。

【調査結果の概要】

■10代のTwitter利用時間は1日約85分、Facebookは49分
Facebook、Twitter、Instagram、LINEについて、1日あたりの利用時間を聞いたところ、10代と20代ではTwitterの利用時間が特に長く、10代は85.44分、20代は72.51分でした。
なお、10代が1日にFacebookを利用する時間は平均49.44分、Instagramは65.01分、LINEは62.61分でした。20代のFacebook利用時間は57.36分、Instagramは58.83分、LINEは61.41分でした。

■Twitter利用者の4割以上が、「アンケート投稿に回答」した経験あり
Twitter利用者のうちの41.0%が、Twitterのタイムライン上におけるアンケート形式の投稿に「回答したことがある」と答えました。なお、Facebookは21.0%、Instagramは20.9%、LINEは25.0%の利用者がそれぞれのアンケート形式の投稿に「回答したことがある」と答えました。

■Facebook利用者の約7割が「知らない人からの友達申請は承認しない」
Facebook利用者の72.5%が、「知らない人からの友達申請は承認しない」と答えました。また、54.5%が「自分のプライベートな情報を投稿しない」、77.6%が「他の人のプライベートな情報を投稿しない」と回答しました。※「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。

■Instagram利用者の約6割が「自分のプライベートな情報を掲載しない」
Instagram利用者の63.9%が、「知らない人からの友達申請は承認しない」と答えました。また、57.9%が「自分のプライベートな情報を掲載しない」、73.4%が「他の人のプライベートな情報を投稿しない」と答えました。※「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。

■10代の4割が、SNS連携による「ソーシャル・ログインに抵抗は感じない」
SNSアカウントで他のサービスなどにログインできる「ソーシャル・ログイン」機能について、「特に抵抗を感じることがない」と回答した人は24.2%でした。若い人ほど「ソーシャル・ログイン」に抵抗を感じない傾向にあり、10代は40.0%、20代は33.5%が「特に抵抗を感じることがない」と答えました。


【調査概要】
調査名:『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2018年1月度)』
調査期間 :2018年1月26日(金)~2018年1月29日(月)
調査対象 :15歳~69歳の男女1,100名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP