「冬の家事がんばりキズに関する」調査(20代~50代までの男女対象) 

2018年02月01日
ニチバンは、20代~50代までの男女合計600名を対象にインターネット調査による「冬の家事がんばりキズに関する」調査を2018年1月に実施いたしました。

≪調査サマリー≫

◆8割以上がツライと感じる冬家事「風呂掃除」、「食器洗い」、「洗濯」が冬家事の三大鬼門。
◆55%が手荒れのせいで家事がつらいと回答!女性は6割、男性も4割が現在手荒れ中。
◆女性の約3割は家事分担割合「夫0:妻10」と回答!男女で差が出る結果に。
◆女性の9割が家事後のご褒美は「スイーツ」と回答。でも、やっぱり配偶者に「ねぎらって欲しい」妻が73.0%!

≪調査結果≫

◆8割以上がつらいと感じる冬家事「風呂掃除」、「食器洗い」、「洗濯」が冬家事の三大鬼門

 さらに、各家事に対し、どの程度冬に「つらい」と感じるかを伺うと、「風呂掃除(64.1%)」、「食器洗い(63.0%)」、「洗濯(59.3%)」と水回りの家事が特につらいと感じることが判明しました。

◆55%が手荒れのせいで家事がつらいと回答!女性は6割、男性も4割が現在手荒れ中。

 「あなたが冬の家事で嫌だと思うことをお答えください。」と質問したところ、「寒さ(79.8%)」が最も多かったものの、冬の乾燥によって起こるあかぎれやひび割れといった「手荒れ(55.0%)」も冬家事をつらいと感じる原因であることがわかりました。

 現在の手荒れ率についても伺ったところ、手荒れしている方は、51.3%おり、女性に関しては、半数以上、男性に関しても意外なことに43.0%存在することが判明。

 次に、手荒れしてしまった後のケアの有無について質問したところ、7割以上がケアすると回答したものの、毎度ケアする人は、3割程度にとどまりました。

 さらに、手荒れ経験者にどのようなケアを行うのかを質問すると、1位が「ハンドクリームを塗る(88.5%)」という結果となりました。

◆女性の約3割は家事分担割合「夫0:妻10」と回答!男女で差が出る結果に。

 夫婦間での家事分担割合を聞いたところ、男女で差が出る結果となりました。
女性の認識では、「夫1:妻9(32.3%)」が最も多く、次に「夫0:妻10(27.7%)」が続く結果となりました。男性は、「夫3:妻7(24.0%)」、「夫2:妻8(23.7%)」という結果となり、どちらの回答も女性の方が家事を負担しているものの、男性が自負している割合よりも女性は『男性は家事をしていない』、もしくは『自分の家事負担が大きい』と感じていることが判明しました。

◆女性の9割が家事後のご褒美は「スイーツ」と回答。でも、やっぱり配偶者に「ねぎらって欲しい」妻が73.0%!

 「あなたは家事の後に自分だけのご褒美はありますか。」と伺ったところ、半数以上の60.3%が『ない』と回答しました。毎日の家事だけに、その都度ご褒美まで用意する人は少ないことが判明しました。

 一方で、ご褒美があると回答した方に対し、ご褒美の内容を伺ったところ、女性の9割が『お菓子・スイーツ(91.0%)』と回答しました。

「家事の後、配偶者にねぎらって欲しいか」を聞いたところ、73%の女性が『ねぎらって欲しい』と回答し、男性の『ねぎらって欲しい(54.4%)』よりも多い結果となりました。
 家庭での家事負担が多いと自負する女性は、現在特にツライと感じる冬に寒さや手荒れに耐えながら家事をこなしているものの、やはり、配偶者からねぎらって欲しいと切に感じていることがわかりました。


≪調査概要≫
「冬の家事がんばりキズに関する意識調査」
調査方法 :インターネットアンケート調査
調査実施機関:株式会社ネオマーケティング
調査実施期間:2018年1月18日~1月22日
対象地域:全国
対象者:既婚で普段家事を行う男性300名 女性300名 計600名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP