前立腺がん患者さんと家族の情報共有に関する意識調査 

2018年01月31日
バイエル薬品は、前立腺がんの治療経験のある患者さんおよび前立腺がん患者の家族の方について、治療への取り組みやコミュニケーションについて意識調査を行いました。
本調査は、2017 年 12 月21 日~12 月 26 日に、前立腺がんの治療経験のある患者さん 103 名、前立腺がんの患者さんのご家族103 名を対象に、インターネットによるアンケート形式で実施しました。

調査からは、患者さんが受診する際に「同行していない」家族が半数を超えている実態が浮かび上がりました。一方で、前立腺がん患者さんが医療機関を受診する際に家族が同行したり、主治医からの説明を患者さんから共有されるなど、患者さんと家族の間で症状や治療の状況を把握できている方たちは、治療方針決定に当たって家族の意見を参考にし、家族で治療に取り組んでいる様子が伺えました。

〈調査結果概要〉

・前立腺がん患者と同居する家族の 54.4%が、患者の受診にあたって同行していない
・同居する家族の 4 人に 1 人は受診に同行せず、主治医からの説明内容も共有されていない
・前立腺がん患者、家族の 7 割以上が最も不安に感じていることは「がんが転移しないか」と回答
・不安についての相談相手で多いのは、患者は「配偶者」「医師」。家族の場合「患者さん本人」「医師」、「相談しない」も 4 人に 1 人
・不安を相談した結果については、 前立腺がん患者、家族ともに「前立腺がん治療に関する知識が深まった」が最も多く、「不安が和らいだ」と続いた
・「受診に同行し必ず主治医からの説明を聞いている」「受診の際に同行はしないが、主治医からの説明内容は必ず共有されている」など、患者と家族で主治医の説明内容を共有している割合が高い群は、治療方針決定に当たって、家族の意見が参考にされる割合が高い
・特に患者は家族が同行している場合、家族の意見を聞く傾向が強まる
・患者の 8 割、家族の 7 割が前立腺がんの治療に当たって最も重視するのは「日常生活を行なううえで動作が保てること」と回答
・新しい治療法を受けることに患者の 9 割、家族の約 8 割が前向き


【調査概要】
対象:
 前立腺がんの患者さん 103 名
 同居している家族に前立腺がん患者さんがいる方 103 名
地域:全国
方法:インターネットによるアンケート調査
時期:2017 年 12 月

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP