転職決定者に聞く入社後にとまどったこと調査 

2018年01月31日
リクルートキャリアは、転職情報サービス「リクルートエージェント」の登録者を対象にアンケート調査を行いました。

【調査結果】

転職者が入社後にとまどった上位3項目は「前職との仕事の進め方の違い」「業界用語等が分からない」「職場ならではの慣習」であった。

回答者の中で、IT系エンジニア(SE、インターネット専門職、組込・制御ソフトウエア開発エンジニア)の異業種への転職者と同業種への転職者を比較すると、「前職との仕事の進め方の違い」「業界用語等が分からない」「職場ならではの慣習」「仕事のミッション」の項目で、異業種転職者が10ポイント以上高い結果となった。

【男女別ポイント】女性転職者のとまどい
女性の転職者が入社後にとまどったこととして、
「キャリアパスが描きづらい」「職場ならではの慣習」「業界用語等が分からない」「離職が多い」の4項目が、男性よりも5ポイント以上高かった。

【年代別ポイント】「30歳未満」と「45歳以上」のとまどい
30歳未満の求職者が入社後にとまどったこととして、「業界用語等が分からない」
45歳以上の求職者が入社後にとまどったこととして、「職場の上長やメンバーとなじめない」の項目が、他の年代よりも、5ポイント以上高かった。


【調査概要】
・実施期間:2017年9月25日(月)〜9月30日(土)
・調査対象:株式会社リクルートキャリアの転職エージェントサービス「リクルートエージェント」の登録者で、何らかの手段で2017年1月〜2017年7月の期間に転職をして、正社員または契約社員として働いている者
・回答数 :1,343名
・調査方式:webを使ったアンケート

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP