クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年12月末) 

2018年01月24日
MM総研は、個人事業主を対象にWebアンケート調査を実施し、2017年12月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。本調査では、平成29年(2017年)分の確定申告を予定している個人事業主(2万231事業者)を対象とした。

調査結果から会計ソフトを利用している個人事業主は28.3%で、その内、インターネット経由で会計ソフトの機能を利用するクラウド会計ソフト(※1)の利用率は13.5%。今回調査と同様に確定申告予定者を対象とした2016年12月調査の9.7%から3.8ポイント増加した(図表1・2)。クラウド会計ソフトの事業者別シェアでは、「弥生」が55.1%、次いで「マネーフォワード」が23.1%、「freee」が16.1%となった(図表4)。

【調査結果サマリー】

■ クラウド会計ソフトの利用率は2016年12月調査の9.7%から13.5%に拡大
■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が55.1%、マネーフォワードが23.1%
■ 起業や事業年数の若い個人事業主を中心にクラウド会計ソフトを積極的に導入


【調査概要】
調査対象:
①個人事業主/平成29年(2017年)分の確定申告予定者
②副業をしている会社員/平成29年(2017年)分の確定申告予定者
※確定申告期間:2018年2月16日(金)から3月15日(木)
回答件数:
①個人事業主/2万231事業者
②副業をしている会社員/6,809人
調査方法:Webアンケート
調査期間:2017年12月15日~25日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP