親と高校生のスマートフォン利用に関する意識調査 

2018年01月26日
MMD研究所は、中高生の子どもにまだ携帯電話を持たせていない親1,003人と、スマートフォンを所有している高校生1,040人を対象に「親と高校生のスマートフォン利用に関する意識調査」を実施。

<調査結果サマリー(※一部抜粋)>

■ 64.9%の親が「子どもにスマホを持たせる際、心配」、高校生の74.7%が「使い方に気を付けている」と回答
気を付けていることは、「SNSやメールで怪しいリンクは開かない / SNS上で顔出しや個人情報を明かさない」

■ 約3割の親が「子どもよりもスマホを使いこなせていない」、高校生は約9割が「親よりも使いこなせている」と回答

■ 高校生の約7割が「スマートフォンのデータ容量を節約」、高校生の8割が「通信速度制限に掛かったら困る」

■ 高校生のスマホの重要度、10段階中10がトップ
理由は、「スケジュールや教室の場所など生活のほとんどがスマホに支えられているから」
「スマホは日常生活に欠かせない便利なものだから」「生活が豊かになるから」など

【その他の調査結果サマリー】

親(中高生の子どもにまだ携帯電話を持たせていない親)
■ 子どもにスマートフォンを持たせても良いと思う理由、「クラブ活動など帰りが遅くなる」「学校へ入学」
「周りの子どもがスマートフォンを持つようになったから」

■ 子どもにスマートフォンを持たせる際、約4割の親が「端末内で設定できるアクセス制限や機能制限を利用したい」

■ 約7割の親が「無料でフィルタリングサービスを設定できることを知っている」と回答

子(スマートフォンを所有している高校生)
■ 高校生の71.3%が「スマートフォンのデータ容量を節約」容量別では、低容量ユーザーの81.4%
高校生の8割が「通信速度制限に掛かったら困る」と回答

■ 高校生が親のスマートフォンの使い方で気になる事、
「会話中にスマートフォンを触っていて、自分の話を聞いていない」「スマートフォンの使い方を何度も聞いてくる」
「スマートフォンの使い方について注意されるが親も同じことをやっている」

<調査結果>

【親への調査結果】
■ 子どもにスマートフォンを持たせても良いと思う理由、「クラブ活動など帰りが遅くなる」
「学校へ入学」「周りの子どもがスマートフォンを持つようになったから」

中高生の子どもにまだ携帯電話を持たせていない親(n=1,003)を対象に、いつ頃から子どもにスマートフォンを持たせても良いと思うかを聞いたところ、「高校1年生」と回答した親が66.9%と最も多い結果となった。

子どもにいずれかのタイミングでスマートフォンを持たせても良いと回答した親(n=898)を対象に、子どもにスマートフォンを持たせても良いと思う理由を聞いたところ、「クラブ活動など学校の活動で遅くに帰るようになる(遅く帰るようになった)から」と回答した親が36.2%と最も多く、次いで「子どもが学校に入学する(入学した)から」と回答した親が34.4%、「周りの子どもがスマートフォンを持つようになったため」と回答した親が27.4%という結果となった。

■ 64.9%の親が子どもにスマートフォンを持たせることに対して「心配」と回答

子どもにいずれかのタイミングでスマートフォンを持たせても良いと回答した親(n=898)を対象に、子どもにスマートフォンを持たせる際、スマートフォンを持たせることに関しての心配度合いについて聞いたところ、「とても心配」と回答した親が16.0%、「やや心配」と回答した親が48.9%と合わせて64.9%の親が「子どもにスマートフォンを持たせることに対して心配」と回答した。

■ 約3割の親が「世間一般の子どもよりもスマートフォンを使いこなせていないと思う」と回答

中高生の子どもにまだ携帯電話を持たせていない親(n=1,003)を対象に、世間一般の子ども(中高生)と自分を比べて、スマートフォンを使いこなしていると思うかを聞いたところ、「あまり使いこなせていないと思う」と回答した親は22.3%、「まったく使いこなせていないと思う」と回答した親は11.3%と合わせて33.6%の親が「世間一般の子どもと比べて、スマートフォンを使いこなせていないと思う」と回答した。

■ 子どもにスマートフォンを持たせる際、
約4割の親が「端末内で設定できるアクセス制限や機能制限を利用したい」

子どもにいずれかのタイミングでスマートフォンを持たせても良いと回答した親(n=898)を対象に、子どもにスマートフォンを持たせる際、トラブル回避のために行いたいことについて聞いたところ、「端末内で設定できるアクセス制限や機能制限を利用したい」と回答した親が37.0%と最も多く、次いで「無料のセキュリティアプリをダウンロードしたい」と回答した親が34.7%、「アプリ購入のパスワードは自分(親)が管理したい」と回答した人が33.4%という結果となった。

■ 約7割の親が「無料でフィルタリングサービスを設定できることを知っている」と回答

中高生の子どもにまだ携帯電話を持たせていない親(n=1,003)を対象に、大手携帯電話会社などがスマートフォン向けに無料でフィルタリングサービスを提供していることを知っているか聞いたところ、「知っている」と回答した親が68.3%、「知らない」と回答した親が31.7%となった。

【高校生への調査結果】
■ 高校生の71.3%が「スマートフォンのデータ容量を節約」容量別では低容量ユーザーの81.4%
高校生の80.0%が「通信速度制限に掛かったら困る」と回答

スマートフォンを所有する高校生(n=1,040)を対象に、速度制限がかからないように外出中スマートフォンの利用(動画視聴、ゲーム、音楽など)を我慢、節約することがありますか?と質問をしたところ、「普段から我慢、節約をしている」と回答した人が35.2%、「時々、我慢、節約をしている」と回答した人が36.1%と合わせて71.3%がデータ容量を節約していることがわかった。また、データ容量別で見てみると、低容量ユーザーの81.4%、中容量ユーザーの75.1%、大容量ユーザーの61.2%と、低容量ユーザーが最も節約傾向にある結果となった。

また、スマートフォンを所有する高校生(n=1,040)を対象に、通信速度制限(低速化)に掛かったら困るかを聞いたところ、「非常に困る」と回答した人が46.4%、「やや困る」と回答した人が33.6%と合わせて80.0%が通信速度制限に掛かったら困ると回答したことがわかった。

■ 高校生の74.7%が「スマートフォンを使う上で危険な目に合わないように気を付けている」と回答
気を付けている事は、「SNSやメールで怪しいリンクは開かない / SNS上で顔出しや個人情報を明かさない」

スマートフォンを所有する高校生(n=1,040)を対象に、スマートフォンを利用する上でマナーや危険な目に合わないように普段から気を付けているか聞いたところ、「かなり気を付けている」と回答した人が21.3%、「ある程度気を付けている」と回答した人が53.5%と合わせて74.7%が「気を付けている」と回答していることがわかった。

スマートフォンを利用する上でマナーや危険な目に合わないように普段から何らか気を付けていると回答した人(n=997)を対象に、普段から気を付けていることを聞いたところ、「SNSやメールで怪しいリンクは開かないようにしている」と回答した人が63.3%と最も多く、次いで「SNS上で顔出しや、個人情報(本名など)を明かさないようにしている」と回答した人が49.9%と、SNS関連で気を付けている項目が上位にあがった。

■ 高校生の約9割が「親と比べてスマートフォンを使いこなしていると思う」と回答

スマートフォンを所有する高校生(n=1,040)を対象に、親と比べてスマートフォンを使いこなしていると思いますか?と質問したところ、「かなり使いこなしていると思う」と回答した人が51.2%、「ある程度使いこなしていると思う」と回答した人が37.6%と合わせて88.8%が「親よりもスマートフォンを使いこなしていると思う」と回答した。

■ 高校生が親のスマートフォンの使い方で気になる事、「会話中にスマートフォンを触っていて、自分の話を聞いていない」「スマートフォンの使い方を何度も聞いてくる」「スマートフォンの使い方について注意されるが親も同じことをやっている」

スマートフォンを所有する高校生(n=1,040)を対象に、親のスマートフォンの使い方で気になることについて聞いたところ、「特に気になることはない」と回答した人が約半数という結果の一方で、気になることとして上がった項目は、「親が会話中にスマートフォンを触っていて、自分の話を聞いていないとき」と回答した人が14.8%と最も多く、次いで「親がスマートフォンの使い方を何度も聞いてくること」と回答した人が10.1%、「親にスマートフォンの使い方について注意されるが親も同じことをやっていること」と回答した人が9.7%という結果となった。

■ 高校生のスマートフォンの重要度、10段階中10がトップ
理由は、「スケジュールや教室の場所など生活のほとんどがスマホに支えられているから」
「スマホは日常生活に欠かせない便利なものだから」「生活が豊かになるから」など

スマートフォンを所有する高校生(n=1,040)を対象に、日常生活を送る上でのスマートフォンの必要度について最大10(0:まったく必要ではない~10:かなり必要)として聞いたところ、「10」と回答した人が31.7%と最も多く、次いで「8」と回答した人が18.0%、「7」と回答した人が13.8%となった。

また、フリー回答形式にてなぜそう思うかを聞いたところ、必要度「10」と回答した人では、以下のような回答が得られた。

【フリー回答結果】
● 「生活が豊かになるから」(高校1年生男子)
● 「スケジュールや教室の場所など生活のほとんどがスマホに支えられているから」(高校2年生女子)
● 「スマホは日常生活に欠かせない便利なものだから」(高校3年生女子)
● 「連絡がすぐに取れたり、道に迷った時に地図アプリですぐに調べられたりするから」(高校3年生女子)
● 「ゲームだけでなく、勉強にも使っているから」(高校2年生男子)


<調査概要>
「親と高校生のスマートフォン利用に関する意識調査(親)」
調査期間:2018年1月12日~1月18日
有効回答:1,003人
調査方法:インターネット調査
調査対象:中高生の子どもにまだ携帯電話を持たせていない30代~50代の親

「親と高校生のスマートフォン利用に関する意識調査(高校生)」
調査期間:2018年1月12日~1月15日
有効回答: 1,040人
調査方法:インターネット調査
調査対象:高校1年~高校3年生

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP