ストレス実態調査(働く30代から60代の男女対象) 

2018年01月26日
えがおは、働く30代から60代の男女454名を対象に、ストレス実態調査を行いました。

<調査結果サマリー>

・「ストレスを感じる」と回答した人は約8割。内約5割が「ほぼ毎日ストレスを感じている」
・ストレスの原因1位は男性「仕事内容」、女性「職場での人間関係」。
・ストレス発散のために何かする人は5割強で、男性より女性に多い傾向。一方、何もしない人の4割は「何をしたらいいか分からない」
・ストレス発散のために使用した1回あたりの最高金額の平均は31,920円、最高額は100万円!
・ストレスケアができる健康食品を使ってみたい人は56%

<調査結果>

ストレスを感じる度合・頻度
調査対象者へ「普段ストレスを感じることがあるか」を聞いたところ、79.3%の人がストレスを感じると回答。そのうち「ほぼ毎日ストレスを感じる」人は、約半数の47.2%にのぼりました。

職種別のストレス度合
職種別にストレスを感じる度合を見ると、会社役員・管理職でストレスを「強く感じる」割合が、他の職種と比較すると少ない傾向にあり、「感じない割合」についても突出して高いことが分かりました。約8割が「ストレスを感じる」と答えた一般会社員にとっては複雑な心境となる結果でした。

男女別 ストレスを感じる要因TOP10
ストレスを感じる要因を男女別に見ると、男性は「仕事内容」が55.2%で第1位、次いで「職場での人間関係」が47.7%と続き、仕事関係のストレスを多く抱えていることが分かりました。

一方で女性は「職場での人間関係」が49.5%で1位、次いで1.1ポイント差で「体の不調」が2位に入りました。また4位にも「家族関係」が入っていることから、女性は対人関係にストレスを感じる人が多い傾向が分かりました。

ストレスの発散行動と消費額
ストレスがたまったときの発散方法について聞いたところ、「発散するために何か行動を起こす」と回答した人は全体の約半数の51.8%でした。しかし性別で見ると男性44.4%に対し、女性が59.5%と男性よりも15.1ポイントも高く、女性の方が発散行動を取る傾向にあることが分かりました。

ストレス発散のために具体的にどんなことをしているかを自由回答で聞いたところ、TOP3は運動、嗜好品(酒・たばこ)、趣味となりました。

自由回答をカテゴライズし、男女別に差異が無いか見たところ、男性はお酒や運動、女性は食事やコミュニケーションで発散する傾向にある事が分かりました。

こうしたストレス発散をするために、1回あたりどのくらいの金額を使用したか、過去最高額を聞いたところ、全体の平均は31,920円、最高額は100万円でした。男女別に見ていくと、女性よりも男性の方が7,963円多く、女性に関しては年齢を重ねるごとにお金を使ったことがないと回答する人が増加傾向にありました。

一方、「ストレス発散のために何も行動を起こさない」と回答した人に、その理由を聞いたところ、40.6%の人が「どうやってストレスを発散したらいいのか分からない」と回答しました。

ストレスケアサプリへの興味・関心度
『えがお GABAストレスケア』のような、ストレスケアができる健康食品・サプリメントを使用してみたいかを聞いた結果、「使ってみたい」と答えたのは男女ともに30代が最も高く、50代が次いで2位となりました。
特に30代女性については「使ってみたい」「興味はある」と回答した人が77.3%となっており、特に感心が高いことが分かりました。


<調査概要>
調査方法:インターネット調査
実施期間:2017年11月11日~2017年11月13日
調査地域:全国
対象者条件:30代~60代の現在働いている男女
回収サンプル数:454s

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP