外食関連業者の倒産動向調査 

2018年01月16日
帝国データバンクは、2000年~2017年の外食関連業者の倒産動向(※)について集計・分析した。

※ 飲食事業を主業とする事業者(法人・個人事業者)で、負債1000万円以上・法的整理のみを対象

【調査結果】

1 2017年の外食関連業者の倒産は707件となり、前年比で150件増加(26.9%増)。過去最多となり、2000年(147件)比で4.8倍となった。負債額は359億1900万円となり、前年比91億2400万円増加(34.1%増)となったものの、2000年以降の18年間でみると5番目に小さい水準となった

2 707件を業態別にみると、居酒屋や焼鳥屋、おでん、もつ焼屋、ダイニングバーなどを含む「酒場、ビヤホール」が133件(構成比18.8%)で最多。態様別では「破産」が677件(構成比95.8%)、負債規模別では「5000万円未満」が573件(同81.0%)、都道府県別では「東京都」が132件で最多。前年比増加件数は「大阪府」が最多となった

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP