「2018年のお金の使い方」に関するアンケート調査 

2018年01月22日
クラウドポートは、「2018年のお金の使い方」に関するアンケート調査結果を公開しました。その結果、85.3%が「2018年は2017年と違うお金の使い方をしたい」と回答したほか、2018年に「資産運用、投資」にチャレンジしたい人は3人に1人となりました。

調査対象:20代から60代の男女 600 名 (20代:120名、30代:120名、40代:120名、50代:120名、60代以上:120名)

【調査結果】

■85.3%が「2018年は2017年と違うお金の使い方をしたい」と回答

2017年と比べて2018年はどのようなお金の使い方をしたいかを尋ねたところ、一番多かった回答は「なるべく節約する」(55.3%)、次いで「貯蓄をする」(35.0%)となり、依然として節約志向が続いていることが予想される結果となりました。

一方で「2017年と変わらない」と回答した人は14.7%にとどまり、実に8割以上の人が「2018年は2017年と違う“お金の使い方”をしたい」と考えていることがわかり、お金の使い方に何らかの課題を感じている人が多いことが考えられます。

■貯蓄に励みつつも「旅行」「趣味」「資産運用・投資」にもお金を使いたい

「2018年は、2017年に比べて、どんなことに使うお金を増やしたいと思いますか?」という質問に対しては、「貯蓄」と回答した人が全体のおよそ半数(48.5%)に。その一方で「旅行」(28.0%)や「趣味」(27.7%)と回答した人も3割程度おり、貯蓄に励みつつも、好きなことにはお金を使いたいという傾向が見て取れます。
また、およそ4人に1人が「資産運用、投資」(23.2%)と回答していて、貯蓄だけでなく、お金を運用することに対しても興味のある人がいらっしゃることが分かります。

■2018年、資産運用や投資にチャレンジしたい人は3人に1人

「2018年は株や投資信託、ソーシャルレンディングなどの資産運用や投資にチャレンジしてみたいと思いますか?」という質問に対しては「(チャレンジしてみたいと)思う」と答えた人は全体の33.8%、およそ3人に1人という結果となりました。
節約志向が続いていると見られる中で、資産運用や投資にチャレンジしたい人が一定数いらっしゃることが分かる結果となりました。

■投資をする場合、最も信頼できるのは「インターネット上の投資、資産運用の専門WEBサイト」が50%

「投資をする場合(したいと思った場合)、必要な情報はどこから入手しますか?」という質問に対しては、「インターネット上の投資、資産運用の専門WEBサイト」を参考にしたいと答えた人が50.0%で、「本」や「口コミ情報」などを大幅に上回りました。
この結果からは、投資、資産運用情報は口コミよりも、情報を専門的に扱うと同時に、スマホやPCなどから、いつでもどこでもアクセスしやすいWEBサイトが求められていることが想像されます。


【調査概要】
調査期間:2018 年 1 月 5 日(金)〜 2018 年 1 月 8 日(月)
調査対象:20代から60代の男女 600 名 (20代:120名、30代:120名、40代:120名、50代:120名、60代以上:120名)
調査手法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP