国内企業の海外ITサービス支出予測 

2017年12月25日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内に本社を置く企業(Japan-Originated Company:JOC)の海外におけるITサービス支出額予測を発表しました。これによると2016年の支出額は57億7,000万ドルと推定され、2021年までASEANなど新興国を中心に、年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)2.7%での成長が続くと予測しています。

【調査結果サマリー】

・国内に本社を置く企業の海外におけるITサービス支出は、東南アジアに代表されるアジア新興国が牽引し、拡大していく見込み
・同支出額は、2016年では57億7,000万ドルであったと推定され、2021年まで年間平均成長率2.7%での成長が続く
・国内ITサプライヤーは、海外でのデジタルトランスフォーメーション関連サービスの取り組みを強化するなど、国内企業の海外事業拡大を支援する体制を強化すべき

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP