国内IoT向けエッジマイクロデータセンター数の予測 

2017年12月20日
IT専門調査会社 IDC Japanは、IoT向け国内エッジマイクロデータセンター数の予測を発表しました。

【調査結果サマリー】

・IoTにおいて、センサーやデバイス/端末の近くで分散処理を行うためのエッジコンピューティング拠点を、エッジマイクロデータセンターと呼ぶ
・エッジマイクロデータセンターは、サーバー、ネットワーク機器、ストレージから構成され、都市部や、建物/店舗などに設置、端末とのデータ通信/処理で高いレスポンスを実現
・コネクテッドカーや製造オペレーションのIoTの取り組みが進むため、国内エッジマイクロデータセンター数は、2017年末の1,037か所から、2021年末には4,354か所に増加

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP