2017年度上半期PCサーバー出荷概況 

2017年12月25日
MM総研は、17年度上半期(17年4~9月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、PCサーバー出荷台数は前年同期比2.4%減の19万8,314台となった(グラフ1)。出荷金額は同2.3%増の1,147億円。出荷金額は2016年度に2半期続けて減少したが、今期は3半期ぶりに回復した。
 金額の下げ止まりは、サーバー仮想化が浸透する中で、台数集約に伴い単価の高い製品に需要がシフトするとともに、ラックタイプの増加や大学、研究所等の科学演算用途(HPC)の大型案件があったことによる。

 2017年度下期は台数、金額ともにやや減少となる見通し。フィンテック用途では更なる需要拡大が見込まれるが、前年にあった大口案件の反動が予想され、金額で前年同期比1.9%減の1,310億円になる。17年度年間では出荷台数43万114台(前年度比3.5%減)となる一方、出荷金額は2,457億円と前年度比0.0%増と横ばいに留まると見られる。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP