2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況 

2017年11月15日
MM総研は2017年度上期(2017年4月~9月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。

【調査結果サマリー】

■ 2017年度上期の総出荷台数は1,634.6万台(前年同期比7.6%増)でV字回復

■ スマートフォン出荷台数は1,373.6万台(12.9%増)で上期出荷として過去2番目

■ SIMフリースマートフォン出荷台数は20.4%増の144.6万台も想定を下回る

■ フィーチャーフォン出荷台数は261万台(13.6%減)で過去最低を更新

■ 2017年度の総出荷台数は3,740万台、スマートフォン出荷台数3,170万台と予測

■ 2020年度のSIMフリースマートフォンは500万台到達も前回予測から下方修正

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP