CPS/IoTの利活用分野別世界市場調査 

2017年12月19日
電子情報技術産業協会(JEITA)は、CPS(Cyber Physical System)/IoT(Internet of Things)の利活用分野別の世界市場調査の結果を公表しました。

本調査はJEITAが推進する「超スマート社会の実現(Society 5.0)」に向けた重要な概念となるCPS/IoTについて、利活用分野別の世界需要額と中長期展望を、国内外の関連企業・団体へのヒアリングをもとに定量的に推計したものです。

●2030年のCPS/IoT市場規模は世界で404.4兆円、日本で19.7兆円となり、2016年と比較すると約2倍へと大きく成長する見込み

●日本市場では「流通・物流」、「医療・介護分野」の成長が著しく、2030年までに1兆円を超える規模への成長を見込む

CPS/IoTの市場規模は、2016年に世界で194.0兆円、日本で11.1兆円だったものが、2030年には世界で404.4兆円、日本で19.7兆円とそれぞれ約2倍の成長となることが見込まれています。背景にはさまざまな課題に対する社会的な要請に加えて、ネットワークにつながる機器とソリューションサービスのさらなる拡大があり、各種機器のIoT化率は2030年には8割を超える見込みです。利活用分野別にみたとき、2030年に向けて年平均の成長率が著しいと予想される分野は「農業」で年平均20.2%と最も高い伸び率となり、次が「医療・介護」の10.9%、「流通・物流」10.4%の成長を見込んでいます。

日本市場においては、「流通・物流」と「医療・介護」の利活用分野の成長が著しく、それぞれ2030年までに2.4兆円、1.3兆円と大きく成長することが見込まれています。「流通・物流」や「医療・介護」の分野は、就労人口減少による人手不足、少子高齢化や地方の過疎化など、さまざまな社会課題に直面しています。その解決策のひとつとしてCPS/IoTの活用による生産性向上や、今までにない新たな仕事の進め方による働き方改革が強く求められており、これからの課題解決は経済全体の成長にも繋がります。


※今回の発表はJEITAが発行した『注目分野に関する動向調査2017』(2017年12月発行)にその詳細が報告されています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP