Netflix 2017年を振り返るランキング 

2017年12月14日
Netflixの日本法人Netflixは、2017年を振り返り、メンバーが最も「抜け駆けウォッチ」をしたオリジナル作品を含むランキングを発表しました。

Netflixでは今年、世界中で1日あたり平均で1億4000万時間以上視聴され、これは1週間に換算すると、約10億時間相当のドラマや映画、ドキュメンタリーなどの作品をメンバーに提供したことになります。また年間を通して、2017年1月1日(日)が世界で最もNetflixが視聴された日でした。日本では、正月明けの成人の日の前日、1月8日(日)が最も視聴量の多い日となり、三連休の中日に多くのメンバーが心置きなくNetflixを楽しみました。

今年はNetflixのメンバーの視聴方法にも変化が見られました。恋人や友だちなど、大切な人との視聴時間を差し置いてでもコンテンツを観てしまう「抜け駆けウォッチ」の他、Netflix作品を観るために家族でスクリーンを囲うメンバーもおり、Netflixの視聴方法が多様化しています。

日本で最も抜け駆けウォッチされた作品 TOP10
日本のNetflixメンバーは「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」や「フラーハウス」を含むコメディドラマを大切な人より先に視聴することを好む傾向にありました。

1. ナルコス
2. テラスハウス Aloha State
3. ストレンジャー・シングス 未知の世界
4. 亜人
5. スター・トレック: ディスカバリー
6. 深夜食堂 - Tokyo Stories -
7. オレンジ・イズ・ニュー・ブラック
8. ベター・コール・ソウル
9. フラーハウス
10. 13の理由

日本で最も家族で観られた作品 TOP10
日本のNetflixメンバーは「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の他、「フラーハウス」や「スター・トレック: ディスカバリー」を含むノスタルジーを掻き立てる作品を家族と視聴する傾向にありました。

1. ストレンジャー・シングス 未知の世界
2. フラーハウス
3. スター・トレック: ディスカバリー
4. 13の理由
5. レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと
6. アンという名の少女
7. シェフのテーブル
8. ミルドレッドの魔女学校
9. リバーデイル
10. グッド・プレイス

世界で最も抜け駆けウォッチされた作品 TOP10
世界のNetflixメンバーは「ナルコス」や「オザークへようこそ」などスリル満点な作品を大切な人より先に視聴する傾向にありました。

1. ナルコス
2. 13の理由
3. ストレンジャー・シングス 未知の世界
4. オレンジ・イズ・ニュー・ブラック
5. センス8
6. ブラック・ミラー
7. Marvel ザ・ディフェンダーズ
8. Marvel アイアン・フィスト
9. オザークへようこそ
10. マインドハンター

世界で最も家族で観られた作品 TOP10
「ストレンジャー・シングス 未知の世界」が世界で最も家族同士で見られた作品でした。また「フラーハウス」や「スター・トレック: ディスカバリー」など、懐かしの一作もランクインし、日本のメンバーと同様の傾向が見られました。

1. ストレンジャー・シングス 未知の世界
2. 13の理由
3. レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと
4. スター・トレック: ディスカバリー
5. ギルモア・ガールズ: イヤー・イン・ライフ
6. リバーデイル
7. フラーハウス
8. シェフのテーブル
9. ユニークライフ
10. アンという名の少女


<調査方法>
Netflixでは2016年11月以降以下3つの調査を実施いたしました。

視聴時間に関する調査
2016年11月1日~2017年11月1日の期間を対象に、Netflix上の視聴データに基づく、平均視聴時間の変動を測定しました。

最も抜け駆けウォッチされた作品に関する調査
2017年10月24日~10月30日の期間中、家族や恋人などパートナーと一緒にストリーミングサービスを利用している日本を含む32ヵ国の成人メンバー6万人を対象に実施しました。なお、調査の対象となったタイトルは2016年11月1日~2017年11月1日の期間中に新たに追加されたタイトルやシーズンに限ります。

世界で最も家族で観られた作品に関する調査
2017年10月24日~10月30日の期間中、家族と一緒にストリーミングサービスを利用している日本を含む32ヵ国の成人メンバー6万人を対象に実施しました。なお、調査の対象となったタイトルは2016年11月1日~2017年11月1日の期間中に新たに追加されたタイトルやシーズンに限ります。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP