「管理栄養士のおやつの食べ方」についての調査 

2017年12月11日
メドピアの連結子会社であるフィッツプラスは、「ダイエットプラス」に登録する管理栄養士に対して「管理栄養士のおやつの食べ方」についてのアンケートを実施いたしました。

【調査結果のサマリー】

【1】「おやつを日常的に食べていますか?」の質問に対し、55.5%の管理栄養士が「毎日ではないが時々食べる」、40.9%の管理栄養士が「ほぼ毎日食べる」と回答し、9割以上の管理栄養士がおやつ(間食)を食べていることが分かった。

【2】おやつを食べるタイミングは「午後」が最も多く、67人(63.2%)であった。続いて多かったのは「夕食前後」で18人(17.0%)であり、最も少なかったのは「深夜」で4人(3.8%)だった。

【3】食べ過ぎたときの対処法は、「夕食を中心に、次の食事内容や量で調整する」という声が大半を占め、具体的には「野菜を多めにとる」「主食などの糖質や、脂質を抑える」という調整方法が多かった。

【4】また、ダイエット中におすすめのおやつは、ゼリーとフルーツが同数で1位だった。ゼリーはこんにゃくゼリーやゼロキロカロリーゼリー、寒天を勧める声が多く、フルーツはビタミンを摂取できるという理由が多かった。その他、ミネラルなどの栄養価が高いナッツや、噛み応えのある乾物類、タンパク質の摂取できるヨーグルトなどがランクインした。


【調査概要】
調査期間:2017/11/24 ~ 2017/11/30
有効回答:110人(回答者はすべてダイエットプラスに登録する管理栄養士)
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP