「昼の会食・宴会と昼酒」についてのアンケート調査(女性対象) 

2017年12月12日
リビングくらしHOW研究所は、全国の女性954人を対象に「昼の会食・宴会と昼酒」についてのアンケート調査を実施しました。
昼の宴会を歓迎する店が増える中、年末の宴会シーズンを前に、この1年間の昼の会食・宴会や昼飲みの実態について、女性たちに聞きました。

【調査結果】

■「夜より気軽に気分転換できる」「昼なら主婦でも楽しみやすい」etc.
  女性8割が、昼飲みに対して賛成・容認の姿勢 !

 いま、昼間に外食でお酒を飲むことが「よく+たまにある」女性は全体の27%。5年前との頻度比較では、20代・30代の「増えた」「やや増えた」が43%と、若い世代で増加の傾向が見られました。(グラフ1)

 昼飲みをする店は、イタリアン・フレンチなど欧風レストランが多く、特に50代の人気が高いという結果に(67%)。一方、20代・30代では、欧風レストラン36%、和風居酒屋35%と、1位・2位が拮抗しています。
 昼飲みに対する意見でも、「いいと思う」が30%、「まあいいと思う」が49%と、8割が賛成・容認派(グラフ2)。感じているのは、夜は出かけにくい主婦も昼なら楽しめる、夜よりも気軽に気分転換できるという、昼ならではの利点です(表1)。

■この1年で6割の女性が昼宴会に参加!
 ママ友会にはイタリアン・フレンチ、職場の会には和風居酒屋が人気

 また、過去1年間に、外食での昼の会食・宴会に参加した人は59%。どんな仲間と会食・宴会をしたかを複数回答で聞いたところ、法事や正月の集まりなどを含むこともあり、家族・親戚とが全年代で最多に。20代・30代ではママ友、学生時代の友人、職場仲間がいずれも4割を超え、多様な仲間と昼に宴会をしていることがわかります。60代以上では、習い事・趣味の仲間との会が4割を超えました(グラフ3)。

 利用した店を見ると、ママ友には、イタリアンやフレンチなどの欧風レストラン、カフェレストランが人気。職場の仲間では、1位が和風居酒屋、僅差の2位が欧風レストランでした(グラフ4)。

 次に、昼の宴会で払った金額。ママ友会は2500円未満が8割弱と抑え目ですが、学生時代の友人や職場仲間、趣味仲間との会は、ほぼ半数が2500円以上。職場仲間との会では、4500円以上という回答も2割あり、昼としては高めな宴会も行われています。

 店選びで外せないのは、まず「料理のおいしさ」「価格」で、「時間制限がなくゆっくりできる」「個室・貸切」も上位に(表2)。

 最も楽しかった昼の宴会を聞いたFAでは「お寿司をママ友と。育児の不安や様々な話ができストレス発散!」(31歳)、「高校時代の友人と。月に一度の定例会でのおしゃべりが楽しい」(55歳)など。心置きなくおしゃべりを楽しめることが、最大のごちそうになっているようです。

 働き方別で見ると、この1年でフルタイム女性が参加した昼の宴会の目的は、「女子会」61.5%に次いで「懇親会」28.2%、「歓迎会・送別会」19.2%が続きました。ママが職場に増えると、歓送迎会などオフィシャルな会を昼に行うことも増えます。昼飲み率はまだ低いものの、女性の社会進出など社会的な追い風を受けて、ポテンシャルは高いでしょう。


【調査概要】
・期間: 2017.10.25~10.29 / サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「シティリビングWeb」「あんふぁんWeb」でのアンケート
・調査対象:全国の女性
・有効回答数: 954人(平均年齢: 45.1歳)
【回答者プロフィール】専業主婦32.0% フルタイム36.7% パート・アルバイト25.2% そのほか6.2% / 20代6.0% 30代29.8% 40代31.1% 50代21.6% 60代以上11.5% /既婚73.0% 独身.27.0% /子ども:いる59.6% いない40.4%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP