「受験期間中のおやつ・夜食」に関する調査(大学受験時に“現役で第一志望に合格した”20代男女対象) 

2017年12月12日
アサヒグループ食品は、大学受験時に“現役で第一志望に合格した”20代男女250名を対象に、「受験期間中のおやつ・夜食」に関する調査を行いました。
第一志望合格のヒントを得るべく受験生たちの「おやつ・夜食」に関する調査を実施しました。

【調査サマリー】

・第一志望合格者、勉強中の「おやつ」「夜食」ランキングを発表!
・効率重視! 勉強中のおやつのポイントは、「勉強しながら食べられる」
・約6割が「おやつ・夜食」の準備中に携帯やTV。気が散ってしまった経験

【調査結果】

■第一志望合格者、勉強中の「おやつ」「夜食」ランキングを発表!

はじめに、第一志望合格者に「おやつ」「夜食」事情についてきくと、大学受験勉強中によく「おやつ」を食べていたと回答した人は61%。また、「夜食」を食べていたと回答した人は32%と約3人に1人という結果になりました。

「おやつ」や「夜食」を勉強中によく食べている第一志望合格者も多いことがわかります。

次に、「おやつ」「夜食」として食べた経験があるものをききました。その結果、「おやつ」として多かったものは、1位が「飴・チョコレート類」「クッキー・スナック菓子」(78%)、続いて3位に「菓子パン・総菜パン」(60%)となりました。また、「夜食」として多かったものとしては、1位が「カップラーメン・袋ラーメン」(63%)、2位が「おにぎり・雑炊」(59%)、3位が「菓子パン・総菜パン」(51%)の順となっています。

「おやつ」としては手軽で適度に糖分が摂れる食べ物、「夜食」としては腹もちのよい主食系の食べ物に人気が集まっているようです。

■効率重視! 勉強中のおやつのポイントは、「勉強しながら食べられる」

次に、「おやつ」「夜食」として食べていたものについて、よく食べていた理由をききました。まず「おやつ」として食べていた理由は、1位に「勉強しながら食べられるから」(68%)、2位に「好きな食べ物だから」(52%)、3位に「短時間で食べられるから」(48%)となりました。

「好きな食べ物」であることよりも、「勉強しながら食べられること」が重要な要素であることがわかります。
夜食についても同様に理由をきくと、「好きな食べ物だから」(41%)に続いて「腹もちがいいから」(40%)、「短時間で食べられるから」(31%)という結果に。

実際に「菓子パンは勉強しながらさっと食べられるし、お腹も結構満たされるからよく食べていました」(26歳・女性)、「おにぎりや雑炊は簡単に食べられ、腹持ちが良い」(25歳・男性)といった声もきかれ、第一志望合格者は、「おやつ」や「夜食」においても、「時短」や「腹もち」といった“効率重視”の傾向があることがわかります。

■ 約6割が「おやつ・夜食」の準備中に携帯やTV。気が散ってしまった経験

一方で、「おやつ」「夜食」に関する失敗経験もあるようで、「おやつ」や「夜食」を準備している間、携帯電話やテレビ、雑誌などを見てしまい気が散った経験があると回答した人は57%と6割近くに上ります。

具体的な失敗エピソードをきくと、「おやつを食べている間にスマホのゲームに没頭してしまった」(25歳・男性)、「カップラーメンを食べている時についスマホに手がいってしまい、そのまましばらく動画を見たりしてしまった」(28歳・男性)など、やはり「おやつ」や「夜食」の準備や食べる時間がかかることで、集中力の低下などの失敗を招いてしまったという意見がきかれました。

そこで、受験期間中の「おやつ」「夜食」に重要な要素をきくと、「さっと食べることが大事だと思う」と回答した人は7割超(71%)。「おやつ」や「夜食」を食べている時も集中力を維持できていれば合格に近づくと思うと答えた人も66%という結果となり、「おやつ」や「夜食」を食べる時に集中力を途切れさせないためにも、手軽さが重要であることがわかります。


[調査概要]
調査対象:大学受験時に現役で第一志望校に合格した20代男女250名
調査期間:2017年11月22日(水)~2017年11月24日(金) 
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP