国内コグニティブ/AIシステム市場予測 

2017年11月15日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内コグニティブ/AI(人工知能)システム市場を調査し、2016年の同市場の分析と2017年~2021年の市場予測を発表しました。

IDCではコグニティブ/AIシステム市場を、自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供する技術として定義しています。同市場は、ハードウェア/ソフトウェア/サービスのテクノロジーによる分類と、ビジネスでの利用方法(ユースケース)に即した分類方法で分析しています。この分類方法は、IDCの「Worldwide Semiannual Cognitive/Artificial Intelligence(AI) Systems Spending Guide」で主要なユースケースを抽出し、適用モデルを作成しています。

【調査結果サマリー】

・2016年 国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、158億8,400万円(ユーザー支出額ベース)。ナレッジワーカー向けデジタルアシスタンス、品質管理などが市場の中心
・2017年以降は詐欺検出/分析や自動顧客サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は73.6%、2021年の市場規模は2,501億900万円と予測
・ベンダー/システムインテグレーターは、AIの実ビジネス適用のためのコンサルティング、教師データの構築/作成支援サービスなどが必要

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP