国内IoTセキュリティ製品市場予測 

2017年11月06日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場の2017年~2021年の予測を発表しました。

2016年の国内IoTセキュリティ製品市場規模は、前年比27.5%増の518億円となりました。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は19.3%、2021年の市場規模は1,250億円とIDCでは予測しています。

【調査結果サマリー】

・2016年の国内IoTセキュリティ製品市場規模は前年比27.5%増の518億円。2016年~2021年の年間平均成長率は19.3%で、2021年には1,250億円と予測
・ランサムウェアの急増によってIoT環境へのサイバー攻撃が現実的な脅威となり、IoTセキュリティ市場への需要が拡大
・IoTセンサーやデバイスベンダーやIoTプラットホームベンダーなどセキュリティ業界を超えたパートナーエコシステムの構築が必要

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP