【美容センサス2017年下期】≪美容への意識≫ 

2017年12月08日
リクルートライフスタイルに設置された美容に関する調査研究機関である「ホットペッパービューティーアカデミー」は、全国の人口20万人以上の都市在住者のうち15~69歳の男女7,700人を対象に、美容意識と行動について調査を実施しました。

調査から分かった結果のポイント

▶ 【外見を今よりよくすること・若さを保つことへの関心】

【女性】女性は年代が低いほど関心がある人の割合が高い
・女性全体では「関心がある・計」は80.8%。年代別にみると、「関心がある・計」は10代が87.8%で最も高く、年代が低いほど割合が高い。
【男性】男性では20代がトップ、次いで10代が高い
・男性全体では「関心がある・計」は61.1%。年代別にみると、「関心がある・計」は20代が74.5%で最も高く、次いで10代が72.0%。10代は前年比14.0pt増、20代は12.5pt増と大きく増加している。

▶ 【ポイント別改善・維持意向(お金・時間を使いたいか)】

【女性】女性全体の半数超が「髪型」「顔の肌質」にお金・時間を使いたい
・改善・維持のためにお金・時間を使いたいと思っているポイントを聞くと、女性全体では、1位「髪型」(52.5%)、2位「顔の肌質」(51.2%)、3位「体型(全体のバランス)」(42.2%)。(「そう思う・計」順)
【男性】男性全体の3割前後が「体臭・口臭」「髪型」にお金・時間を使いたい
・男性全体では、1位「体臭・口臭」(35.9%)、2位「髪型」(31.5%)、3位「体型(全体のバランス)」(29.4%)。 (「そう思う・計」順)

▶ 【外見をよくすること・若さを保つことのきっかけ】
【女性】女性全体の3割が「友人・知人の容姿を見て」美容を意識。「SNS・ブログ」は前年比5pt増加

▶ 【SNS閲覧が実際の購入・行動のきっかけになったもの】
【女性】 10代女性の3割以上が「化粧品・美容グッズ・美容家電」をSNSをきっかけに購入
・全体では「化粧品・美容グッズ・美容家電」(19.6%)が最も高く、次いで「料理・飲み物(外食)」(19.5%)、「洋服・アクセサリー・靴・バッグ」(17.1%)。
・年代別で見ると、上位3項目すべてにおいて10代が最も高く、「化粧品・美容グッズ・美容家電」では35.6%。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP