健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ市場実態把握レポート2017年度版(15~79歳男女対象) 

2017年11月28日
インテージは、生活者視点での健康食品・サプリメント市場の実態把握を目的にした調査を、2017年8月25日~9月6日にインテージ・ネットモニター“マイティモニター”※1の15~79歳男女を対象に実施し、その結果をまとめた『健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ 市場実態把握レポート2017年度版』(通称:健食ヘルスケアフーズレポート2017)を11月29日に発行します。

2015年4月に機能性表示食品制度が施行されて以降、従来のトクホ、栄養機能食品では限られていた商品分類、ヘルスクレームが、届出を経て次々に市場に登場してきています。これまで健康食品・サプリメントに代表されてきた機能・効果を期待して摂取するいわばヘルスケアフーズ市場は、その周辺領域である食品、飲料分野へと拡大中といわれていますが、これまでこの新たな市場をきちんと捉えることができていませんでした。他方、生活者の健康対処意識は高位にありながら、今回の調査結果が示すように、従来からの健康食品・サプリメント市場は横ばいとなりました。つまり、のびしろはその周辺市場に拡がっていると考え、今回はこれまで通りの市場定義による健康食品・サプリメント市場把握に加え、食品・飲料市場まで含むヘルスケアフーズ市場の概観について可視化を試みました。

当レポートでは、従来通り、健康食品・サプリメントの利用目的(ヘルスベネフィット)を46分類(カテゴリ)ごとに、それらの利用者層や購入理由・使用実態、顕在・潜在市場規模等の把握が可能です。また70種類の機能性原料(素材・成分)について生活者の認知度・効能理解度をみる「原料ブランディング」の視点もこれまで通り盛り込んでいます。

さらに新設のヘルスケアフーズ市場実態把握のパートでは、拡がるヘルスケアフーズ分野の市場規模を初めて推計した他、ヘルスベネフィットを20分類に集約し、それらヘルスベネフィットごとの食品・飲料をはじめとする周辺分野の摂取実態、そして具体的な品目との関連を見ることで、かねてより認識はされながら可視化できていなかったこの新市場におけるポテンシャルとしてとりまとめています。

【調査トピックス】

ヘルスケアフーズ市場

●2017年度の日本のヘルスケアフーズ市場規模(弊社推計)は2兆6,856億円、健食・サプリ市場の1.7倍の市場となる

●ふだん健康に関するヘルスベネフィットを意識して、何かを食べたり飲んだりしている人は64%、全体に女性が高位、かつ年代が上がるにつれてその割合は増加

●ヘルスケアフーズの利用では、生鮮食品が45%、一般的な食品・飲料が43%と多く、次いで一般的な健康食品やサプリメントが33%、医者の薬が23%と続く

●利用する食品に求める健康目的は
 ・一般の食品・飲料/生鮮食品では、健康な生活を維持(予防)
 ・健食サプリ一般品、トクホ/機能性表示食品では、中高年の身体の衰えをカバー
 ・食品・飲料のトクホ/機能性表示食品では、生活習慣病対策

●利用者の品目別利用割合は
 ・食品・飲料では、納豆(39%)、ヨーグルト(36%)、牛乳(32%)、豆腐類(28%)、オリーブオイル(26%)がトップ5
 ・男性では、特に40代以降で豆腐類、コーヒー、女性では世代に関わらずオリーブオイルやナッツの利用が多い
 ・生鮮食品では、トマト・ミニトマトが60%でトップ、次いでキャベツ(52%)、青背魚(49%)と続き、男女共に若い世代ほど鶏肉、卵を、年代が上がるにつれ青背魚の利用が増える

●効果訴求に特徴的な品目は
 ・疲労回復については、食品・飲料ではチョコレート、生鮮食品では豚肉
 ・脳機能の維持・改善については、えごま油・亜麻仁油、青背魚
 ・抗酸化・老化の予防については、ナッツ、しそ・大葉
 ・不眠・ストレス対策については、ビール

健康食品・サプリメント市場

●2017年度の日本の健康食品・サプリメント市場規模(弊社推計)は1兆5,624億円で、対前年0.6%の微減
●2017年度の健康食品・サプリメント利用者数(弊社推計)は5,644万人で、対前年2.4%の減少
●2017年度の1人当たり平均購入金額は27,665円で、対前年1.8%の微増
●2017年度の健康食品・サプリメントの市場規模をヘルスベネフィット別にみると、最も大きいのが「健康維持・増進」、次いで「美肌・肌ケア」、「疲労回復」、「栄養バランス」、「目の健康」と続く
●同じく市場規模を原料(成分・素材)別にみると、「乳酸菌・ビフィズス菌」、「ゴマ・セサミン」、「DHA・EPA」、「酢」、「大豆イソフラボン」等が上位

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP