関西国際空港から出国した外国人旅行者に対するアンケート調査(「関西インバウンドマーケティング基礎調査(2017)」) 

2017年11月07日
三菱総合研究所(MRI)は、鉄道各社などの協力を得て、関西国際空港から出国した外国人旅行者に対するアンケート調査(「関西インバウンドマーケティング基礎調査(2017)」)を実施しました。
ご協力いただいた企業は、西日本旅客鉄道株式会社、近畿日本鉄道株式会社、阪急阪神ホールディングス株式会社、南海電気鉄道株式会社、京阪ホールディングス株式会社および関西エアポート株式会社の6社です。

【経緯】

2016年の訪日外国人旅行者は2403万人と増加を続けています。中でも関西地域は好調で、関西国際空港の外国人旅客数は5年連続で過去最高を更新し、1217万人となりました。
MRIでは2008年以降、関西の訪日外国人旅行者に対する調査を実施し、その動向を把握しています。

【調査結果サマリー】

(1) 京都よりも大阪が人気
大阪市内の難波・心斎橋エリアには、関西でもっとも多い702万人が1年間で足を運びました。これは訪日外国人旅行者全体の3割に当たります。京都では東山エリアが最多で、年間480万人が訪れています。

(2) 個人旅行の増加により回遊性が向上
延べ1434万人の外国人旅行者が大阪-京都間を移動。大阪府内を延べ5796万人が移動しました。

(3) 大阪滞在は4~5日
日本での平均滞在期間は、東アジアからがほぼ1週間以内、欧米・豪州からで9~13日程度。このうち、大阪での滞在はいずれも、おおむね4~5日となっています。


【調査概要】
対象:関西国際空港から出国する外国人旅行者 約4000サンプル
※主要9カ国・地域(中国・韓国・台湾・香港・欧州・米国・タイ・ASEAN(除タイ)・豪州)を割付回収
時期:2017年2月および7月
手法:調査員による聞き取り調査
内容:関西観光地の認知・訪問状況・再訪意向、移動経路と利用交通機関、宿泊先など

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP