夫婦生活に関する 調査(20~50代の結婚している男女を対象) 

2017年11月20日
菊水酒造は全国の20~50代 の結婚している男女計600人を対象に「夫婦生活に関する 調査」を実施しました。
 その結果、夫婦関係は円満ですかという質問に関して「円満」または「どちらかというと円満」と回答した人 の中で、円満である秘訣に72.5%の人が「会話」と回答。さらに41.2%が「会話」を増やすために夫婦での晩 酌が最適であると考えているということが判明。その一方、お互いが家の中にいながら、メールやLINEのようなSNSでコミュニケーションをとったことがある夫婦の割合が、4割近いという結果となり、夫婦関係の変化の兆しが見られる結果となりました。

【調査結果】

調査結果①  家の中でSNSを使って会話したことがある20代夫婦は5割以上!

 夫婦がお互いに家の中にいながら、相手とコミュニケーションアプリ(メールやLINE)で会話をした経験がある方は36%となり、直接的な会話以外でのコミュニケーションをとる夫婦が多くなっていることが判明しました。さらに、20代夫婦では50%もの夫婦が同室内のコミュニケーションアプリでの会話経験があると回答し、デジタル化が進む若年層夫婦のコミュニケーションの実態が明らかになりました。

調査結果②  しかしながら、“もっと直接会話したい!”と思っている夫婦も約7割。

 “家の中でスマホを使って連絡する“夫婦が4割近くも存在する一 方で、「配偶者ともっと直接会話をしたいと思いますか」という 質問には68.2%もの夫婦が”会話したい”と回答。
直接の会話を希望してはいるが、会話をするためのきっかけがないのではないかと見受けられます。
世代別に見ると、20代女性が82.7%と一番高く、50代女性が54.7%と一番低い結果になりました。

調査結果③ 夫婦関係が円満だと答える夫婦、円満の秘訣1位は会話!

 夫婦関係が“円満である”、“やや円満である”  と答えた夫婦に円満の秘訣を聴取したところ、72.5%の夫婦が「会話」を円満の秘訣と回答。
やはり夫婦仲において一番大切なのは、会話をしっかりすることであるという結果が出ました。

調査結果④ ​夫婦の会話のきっかけに最適なのは晩酌!

 夫婦の会話を増やすために最適なこととして、「一緒に晩酌をする(自宅・自宅以外も含む)」が67.5%と「休日に一緒に外出をする」を上回る結果となりました。(※夫婦どちらも飲酒習慣がある場合)
「晩酌」が夫婦円満のカギとなる「会話」に役立っていることが伺える結果となりました。


【調査概要】
期間:2017年11月7日~11月9日
地域  :全国
対象者:N=600
その他 :既婚者
性別:20~50代
年齢:男女
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP