即席みそ汁に関するアンケート調査(第3回) 

2017年11月15日
マイボイスコムは、3回目となる『即席みそ汁』に関するインターネット調査を2017年10月1日~5日に実施し、10,793件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■市販の即席みそ汁を飲む人は7割強。週1回以上飲む人は3割弱で、男性3割、女性2割。よく飲むタイプは「個包装/生味噌」が飲用者の8割弱。「個包装/フリーズドライ」は3割弱で増加傾向
■即席みそ汁の好きな具は、「豆腐」「ねぎ」「わかめ」が各6割弱で上位3位、「油揚げ」「しじみ」「あさり」「なめこ」が3~4割で続く

【調査結果】

◆みそ汁を飲む頻度
みそ汁を飲む頻度は、「ほぼ毎日」が25.3%、「週に4~5回」「週に2~3回」が各2割です。週4~5回以上飲む人は4割強、高年代層ほど高くなっています。東北や北陸では、「ほぼ毎日」が各4割と他地域より高い傾向です。

◆市販の即席みそ汁を飲む頻度、よく飲む即席みそ汁のタイプ
市販の即席みそ汁を飲む人は7割強、男性40代以上では各8割弱、女性20代では6割強です。週1回以上飲む人は3割弱、男性3割、女性2割となっています。
よく飲む即席みそ汁のタイプは、「個包装/生味噌」が77.7%となっています。「個包装/フリーズドライ」は27.4%で、過去調査と比べて増加傾向です。

◆即席みそ汁を飲む場面
即席みそ汁を飲む場面は、「家での夕食」「みそ汁を作るのが面倒なとき、作る時間がないとき」が3~4割、「家での朝食」「家での昼食」「職場・学校などで食事をするとき」が各2割です。男性20~40代では、「家での夕食」「家での朝食」「職場・学校などで食事をするとき」が上位3位となっています。女性20代以上では、「みそ汁を作るのが面倒なとき、作る時間がないとき」「家での夕食」が上位2位です。続いて、女性20代では「職場・学校などで食事をするとき」、女性30代以上では「家での昼食」「家での朝食」が多くなっています。即席みそ汁を毎日飲む層では「家での朝食」、週に4~5回飲む層では「職場・学校などで食事をするとき」が最多です。

◆即席みそ汁の好きな具
即席みそ汁飲用者が好きな具は、「豆腐」「ねぎ」「わかめ」が各6割弱で上位3位、「油揚げ」「しじみ」「あさり」「なめこ」が3~4割で続きます。「しじみ」「あさり」は、北海道や東北で比率が高く、中国で低くなっています。

◆よく買う即席みそ汁のメーカー、即席みそ汁を選ぶ際の重視点
よく買う即席みそ汁のメーカーは、「永谷園」「マルコメ」が飲用者の各3割、「ハナマルキ」「アサヒグループ食品」「旭松食品」が各10%台となっています。「特に決まっていない」は2割強です。関東では「ハナマルキ」、近畿では「旭松食品」、中国では「アサヒグループ食品」、四国・九州では「永谷園」の比率が高くなっています。

即席みそ汁を選ぶ際の重視点は、「具材の種類」「価格」「味噌の味・種類」が購入者の各6割弱でトップ3です。「生味噌・粉末・フリーズドライなどのタイプ」は、女性50代以上で比率が高くなっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年10月01日~10月05日
回答者数:10,793名
調査機関:マイボイスコム株式会社


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP