第6回全国都市交通特性調査 

2017年11月21日
国土交通省は、第6回全国都市交通特性調査結果(とりまとめ)を発表。
昨年12月に「外出する人が調査開始以来最低に」として、平成27年に実施した全国都市交通特性調査(速報)を公表いたしました。

【調査結果概要】

(1)全体傾向
○調査日に外出した人の割合、一日の移動回数ともに、調査開始以来最低の値に【既報】
○若者(20代)の移動回数が高齢者(70代)の移動回数を下回るまで減少【既報】
○若者の移動回数の低下は諸外国においても同様の傾向

(2)若者の傾向
○若者の外出率を男女別に見ると、男性は全年齢平均を下回り、女性は上回る
 移動回数を経年で見ると、特に、休日の男性の減少が顕著(1987年比47%減)
○就業形態別の移動回数を見ると、正規と非正規の差が若者で顕著
○三大都市圏だけでなく、地方都市圏においても自動車の利用割合は減少傾向

(3)高齢者の傾向
○65~74歳の高齢者は、全年齢平均と比べても遜色ない外出率(休日には全年齢平均を上回る)
○75歳以上の高齢者では、免許保有状況、自動車保有形態、健康状態によって外出率が大きく異なる
 75歳以上の高齢者の利用交通手段はバス、自動車の同乗、徒歩を利用する傾向が強い

(4)子育て世代の傾向
○30代の子供がいる世帯を見ると、「送迎」を目的とする女性の移動が多い(男性の8倍)
○送迎に用いる交通手段は、三大都市圏女性は自転車を多く用いている


【調査概要】
調査実施状況:昭和62年、平成4年、平成11年、平成17年、平成22年、平成27年の計6回
対象都指数:全国70都市(1都市当たり500世帯回収目標)
調査方法:郵送配布・郵送またはWEB回収(回答回収43,700世帯)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP