インフルエンサー実態調査(20~30代のインスタグラムのアカウントを持つインフルエンサー対象) 

2017年11月16日
Mint’z Planning (ミンツプランニング)は、インフルエンサーに自社サイトを通じてアンケート調査を実施。日々自分の世界観を表現して、おしゃれな投稿をしているインフルエンサーは一体その一枚を投稿するためにどんな工夫をしているのか、彼女たちに聞きました。

【調査トピックス】

・Instagramへの投稿写真、インフルエンサーの3割以上が「スマホ以外」で撮影
・複数使いは当たり前、加工アプリは自己流の使い方を開発
・約7割のインフルエンサーが、インスタを見て週末の予定を立てる

【調査結果】

<インスタへの投稿写真、インフルエンサーの3割以上が「スマホ以外」で撮影>
撮影手段については、手持ちのiPhoneなどのスマホを利用している方が6割にとどまり、なんと3割以上のインフルエンサーがミラーレス一眼レフやGoProを利用しているという結果が出ました。最近ではiPhoneやAndroidのカメラ画質も飛躍的に向上していますが、「プロのような写真を撮りたい」「綺麗さにこだわりたい」というユーザーの思いが強いことがわかりました。

<複数使いは当たり前、加工アプリは自己流の使い方を開発>
「よく利用しているアプリ」(複数回答可)に関する回答からは、複数のアプリを駆使して写真を加工し、納得いく1枚ができてから自分のインスタグラムのフィードへ投稿していることがわかりました。
使用している写真加工アプリは多岐に渡りますが、同じアプリを利用しているユーザーが多いこともわかりました。BeautyPlusとInstagramのフィルター加工がダントツ人気でしたが、その他の写真加工アプリを使用しているユーザーも多数。

例えば、7名のインフルエンサーが使用していると答えた「Foodie」は2016年にLINEがリリースした”食べ物に特化”したアプリです。しかし、写真に色彩を持たせたり、ぼかしを入れたりアレンジの幅が広いという特徴があるとのことで「食べ物以外にもこのアプリを使用する」という声が聞かれるなど、自分なりの写真加工を模索しているインフルエンサーたちの姿が垣間見られました。

<約7割のインフルエンサーが、インスタを見て週末の予定を立てる>
フォトスポットの情報を約7割のインフルエンサーがInstagram上でリサーチしていることもわかりました。
ハッシュタグ検索・スポット検索によって「リアルな感想を見られる」、「トレンドが分かりやすい」という意見が多く見られました。「同じ写真を撮りたい」という動機で特定の観光地や店舗に足を運ぶユーザーの声も多く寄せられました。様々な意見がありましたが、共通して、インフルエンサーは生活の中で常にトレンドを意識してアンテナを張り巡らしていることが特徴的でした。


【調査概要】
調査対象者:20~30代のインスタグラムのアカウントを持つインフルエンサー(※)63名
調査方法:当社運営のインフルエンサーお仕事管理専用アプリ内にてアンケートを実施、回答を集計しました。
調査期間:2017年9月13日~9月20日

※インフルエンサー=1,500~100,000名のフォロワーを持つインスタグラムユーザー

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP