Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年10月度) 

2017年11月15日
ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年10月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。

【調査結果の概要】

■ECの歳末セールを利用予定の3割が、「セールまで、ECでの買い物を控える」
ECでの購入経験がある人に、今年の歳末セールについて聞いたところ、「楽天市場」のセールを利用したい人は55.5%、「Amazon」は60.0%、「Yahoo!ショッピング」は45.2%でした※1。
なお、歳末セールの利用を考えている人の33.6%が、「セールまで、ECでの買い物を控える」と回答しました※2。

■ネットスーパーの利用者は1割強。その半数近くが「週に1日以上利用」
「ネットスーパー(大手スーパーを中心に展開され、インターネット上から生鮮食品などを注文すると、エリアによっては最短数時間で配送されるサービス)」を「現在利用している」人は12.6%で、前回2013年4月調査時の18.8%を下回りました。しかし、「現在利用している」人のうち、「週1回以上利用」している人の割合は44.6%で、前回の27.2%を大きく上回りました。

■「Amazon Dash Button」の利用者は5.7%で、今年5月から利用は横ばい
パソコンやスマートフォンを操作する必要なく、専用ボタンを押すだけで商品を注文できる「Amazon Dash Button」を「購入したことがある」人は5.7%でした。2016年12月調査時(4.4%)からは微増しましたが、2017年5月調査時(5.6%)からは横ばいでした。
なお、「Amazon Dash Button」を知っている人は59.2%で、2016年12月調査時(40.9%)や2017年5月調査時(43.2%)よりも、認知度は高まりました。

■3割超は、「送料自由サービスが始まったら、送料は払わない」
直近1年間に「ZOZOTOWN」で購入したことがある人のうち、2017年10月1日より試験的に実施されていた「送料自由」サービスを利用した人は54.5%でした。
日常的に利用しているECサイトで、「送料自由」サービスが開始された場合、送料をどの程度払うかを聞いたところ、「払わない」が最も多く(30.3%)、次いで「1回あたり249円以内」(23.4%)でした。一方、「実費として掛かった金額を払う」と回答した人は10.0%でした。

■10月のEC利用者は4割。そのうちの4割超が「1万円以上」を使う
2017年10月に、「ECサイト(または、アプリ)で商品を購入」した人は40.1%で、そのうち10月に購入した総額が「1万円以上」だった人は40.1%でした。

※1  複数回答あり。「ぜひ利用したい」「どちらかというと利用したい」の合計。
※2  「極力控えるつもり」「どちらかというと、控えるつもり」の合計。


【調査概要】
調査名:『Eコマース&アプリコマース月次定点調査 (2017年10月度)』
調査期間:2017年10月31日(火)~11月7日(火)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP