年末年始に関する調査(20~69歳の男女対象) 

2017年11月14日
マクロミルは、2017年~2018年にかけての休暇の過ごし方や予算、さらに有職者の連休事情を、全国の1,000名を対象に調査しました。

【調査Topics】

・有職者の年末年始の休暇事情。
 仕事納めは「12月29日」、仕事始めは「1月4日」が、今年のスタンダード。
 理想と現実にギャップあり、「本当は8日休みたい!」けれど「実際は6日間」。

・年末年始の予算は、平均36,131円(固定費を除く)。
 休暇中の過ごし方、1位は「テレビ」。季節行事の「初詣」「大掃除」「おせちを食べる」は4割超。

・年末商戦の幕開け間近!
 年末セールに行く人は24%で22,031円。また、年始セールは31%で23,116円。

【調査結果】

【1】有職者の年末年始の休暇事情。
   仕事納めは「12月29日」、仕事始めは「1月4日」が、今年のスタンダード。
   理想と現実にギャップあり、「本当は8日休みたい!」けれど「実際は6日間」。

働く男女に、年末年始の休暇についてたずねました。2017年の仕事納めは、最多が「12月29日(金)」で41%、2番目が「12月28日(木)」で33%でした。合計すると12月28日か29日のどちらかが仕事納めとなる人が7割強にのぼります。また、2018年の仕事始めは、半数弱にあたる45%が「1月4日(木)」、2番目が「1月5日(金)」26%で、合計の7割強がこの2日間に年始の初仕事となることが分かりました。
では、年末年始は何連休になるのでしょうか。実際に取る予定の連休日数は平均6連休、よって12/29~1/3もしくは12/30~1/4がお休みという人が多そうです。なお、理想の連休日数は平均8連休となっており、理想と現実の間には、2日間の差がありました。

【2】年末年始の予算は、平均36,131円(固定費を除く)。
   休暇中の過ごし方、1位は「テレビ」。季節行事の「初詣」、「大掃除」、「おせちを食べる」は4割超。

今年の年末年始に使う予算を尋ねると、平均36,131円でした(家賃、公共料金、通信費などの固定費は除く)。また、休暇が取れたら何をして過ごしたいか尋ねると、トップ5は、「テレビを観る」48%、「初詣に行く」46%、「大掃除をする」43%、「おせちを食べる」40%、「睡眠をたっぷりとる」35%。4割以上の人が、年末年始の季節行事、習慣である、“初詣、大掃除、おせち”を回答しています。

【3】年末商戦の幕開け間近!
   年末セールに行く人は24%で22,031円。また、年始セールは31%で23,116円。

毎年、年末商戦がメディアで話題になるこの時期。今年は、どのくらいの人がセールに行こうと考え、いくらくらいお金を使おうと考えているのでしょうか。アンケートで尋ねると、年末セールに行く人は24%で予算は平均22,031円でした。また年始の初売りセールについても尋ねると、行く人は31%で予算は平均23,116円となっています。


【調査概要】
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法:平成27年国勢調査による、性別×年代×全国5エリアの人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間:2017年10月31日(火)~11月1日(水)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP