地方創生に関する調査(20歳~69歳の男女対象) 

2017年11月14日
クロス・マーケティングは、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対象に「地方創生に関するアンケート」を実施しました。

【調査結果(一部抜粋)】

地方移住・二拠点居住に意向がある(実行予定・関心がある、検討している)人は全体の24.8%と、約3割に実施意向がみられた。意向のある移住パターンでは「二拠点居住」(19.6%)や「Uターン居住」(15.1%)の関心が高い。一方、「まだわからない」も42.9%と半数近くを占め、移住への具体的な方法は未定という人が多い。<図1-1><図1-2>

地方移住・二拠点居住を検討している人にその理由をきいてみると「スローライフを実践したい」(30.3%)、「自分の故郷で暮らしたい」(28.2%)、「美味しい水や食べ物、空気の中で暮らしたい」(26.3%)など、ゆっくりした暮らしを好む傾向。移住を検討しない人の理由では、「今の生活環境を変えたくない」(43.5%)で最多。<図2-1><図2-2>

地方移住・二拠点居住実行の不安点・課題点では、「働き先が少ない」(34.5%)、「賃金が安い」(29.3%)といった仕事面や、「買い物など日常生活の快適さ」(29.4%)など生活面を懸念する意識がみられた。<図3>


【調査概要】
調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域:全国47都道府県
調査対象:20~69歳の男女
調査期間:2017年9月13日(水)~9月15日(金)
有効回答数:5,000サンプル

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP