結婚の幸福度『QOM』全国ランキング 

2017年11月09日
パートナーエージェントは、11月22日「いい夫婦の日」に伴い、2017年度の「QOM全国ランキング」を発表いたします。
QOMとは“Quality of Marriage”の略で、“結婚の幸福度”を客観的に測定し、数値化した指数です。「QOM全国ランキング」では、全国13万人以上に測定いただいたQOMデータを都道府県別に集計し、ランキング化しました。今年「最も結婚幸福度の高い夫婦がいる」のは、どの都道府県でしょうか。

■1位は宮崎県。今年も九州・沖縄エリアが上位を独占
 1位は「宮崎県」(QOM平均632.3)で、昨年度の2位からトップ返り咲きました。さらに3位「沖縄県」(同629.4)、4位「鹿児島県」(同627.8)、6位「福岡県」(同617.4)、9位「熊本県」(同613.5)と、九州・沖縄エリアの都道府県が上位に多くランクインしています。
 この結果について、昨年同様当社の見解としては「九州・沖縄は離婚率が比較的高いエリアであり、結婚に満足できない方は離婚をしてしまい、結婚生活を維持している方は満足度が高いと想定できる」と考えています。

 また男女別ランキングにおいては、全体的に男性の方が高い数値となっています。諸論文を参考にすると、結婚に関する満足度については、男性の方が女性より高くなるようで、QOMについても同じ傾向が見られると考えられます。

■結婚前と結婚後のQOMに関して
 QOM全体やQOMを構成する6つの力「自己PR力」「観察力」「仲良し力」「ケンカ力」「過去未来力」「境界力」をそれぞれ見ていくと、結婚前のカップルと結婚後の夫婦で数値に違いが見られました。
 QOM全体の数字で見ると結婚していないカップルの方が総合得点は高く、6つの力別で見ると過去未来力・境界力に関しては夫婦の方が高い結果となっていました。


【調査概要】
調査方法:パートナーエージェント『QOM』診断サイト
調査対象:日本全国の未婚既婚
男性35,285名・女性99,573名
調査期間:2013年11月~2017年8月

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP