エンジニアの夫婦間についてのアンケート調査(20代~50代の既婚男性対象) 

2017年11月09日
SAKURUG(サクラグ)は、エンジニアの働き方向上のヒントを見つけるべく実施した「エンジニアの夫婦間についてのアンケート調査」の結果を発表いたします。

【調査結果概要】

・仕事の相談を妻にしない男性システムエンジニアは半数以上
・約90%の男性システムエンジニアは夫婦関係を良好だと思っている
・「自分を愛妻家だと思う」と回答した男性システムエンジニアは約40%に対して、「家庭を大事にしている」と回答したのは約70%

【調査結果詳細】

1. 仕事の相談を妻にしない男性システムエンジニアは半数以上
「仕事のことを配偶者に相談することはありますか?」という質問に対しては、「よくある」「ある」という回答が47.2%、「あまりない」「ない」という回答が52.7%となり、男性システムエンジニアは、家ではあまり仕事のことは話さないことが予想される結果に。これは、公務員や事務会社員など、他の職種と比較しても少ない数値となりました。

2. 約90%の男性システムエンジニアは夫婦関係を良好だと思っている
夫婦仲については、「かなり良好」「まあまあ良好」という回答が88.8%となりました。他の職種との比較において大きな違いは見られず、大半の男性が、夫婦仲は良好だと認識にしていることが想像されます。

3. 男性エンジニアの72.4%が「配偶者のことが好き」
「配偶者のことが好きですか?」という質問に対して「大好き」「好き」という回答が72.4%となり、おおくの男性エンジニアは配偶者のことが好きという結果となりました。こちらも他の職種との大きな違いは見られませんでした。

4. 「自分を愛妻家だと思う」と回答した男性システムエンジニアは約40%に対して、「家庭を大事にしている」と回答したのは約70%
「自分のことを愛妻家だと思う」という回答した男性システムエンジニアは46.4%となり、他の職種と比較すると、比較的、自身のことを愛妻家とは思ってない結果となりました。また「わからない」という回答が26.5%となり、こちらは職種で比較した時の差が一番高い回答結果となりました。
一方で「家庭を大事にしている」と回答した男性システムエンジニアは67.1%となり、他の職種と比較して、「家庭を大事にしている」と回答した割合が一番多かったことがわかりました。
このことから、男性システムエンジニアは、自分を「愛妻家」とまで捉える方は比較的少ないものの、家庭に対しては大事にしている実感が高い傾向にあることが見て取れます。


【調査概要】
調査方法 :インターネットによるアンケート
有効回答数:20代~50代の既婚男性300名
調査期間 :2017年10月~2017年11月

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP