イマドキ男女の結婚観に関する調査2017(20歳~39歳の結婚願望のある未婚の男女対象) 

2017年11月07日
メディケア生命は、「イマドキ男女の結婚観に関する調査2017」をインターネットリサーチにより、2017年9月29日~10月2日の4日間において実施し、全国の20歳~39歳の結婚願望のある未婚の男女1,000名の有効サンプルを集計いたしました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

【調査結果サマリー】

《イマドキ男女の結婚観》
◆イマドキ男女は何歳までに結婚したい? 平均は32.1歳、20代平均29.1歳、30代平均35.1歳
◆何歳までに結婚しないと焦る? 20代が焦る年齢は平均33.0歳、30代は平均37.5歳
◆年の差夫婦、何歳差までOK?
 「10歳以上年上もOK」は女性の3人に1人、10歳以上離れた姉さん女房がOKな男性は7人に1人
◆結婚相手に求めるもの TOP3 は「性格が合う」「一緒にいて楽」「一緒にいて楽しい」、
 「収入の安定」より「無駄遣いをしない」が大切、「家事に協力的」は「収入の安定」と同じくらい大切
 男性が結婚相手に求めること 1 位「性格が合う」、容姿も重視?「容姿が好み」は 3 人に 1 人が選択
 女性が結婚相手に求めること 1 位「一緒にいて楽」、「収入が安定」は 6 割強、「経済力がある」は 5 割半
◆結婚相手に求める年収 女性の平均額は 546.6 万円

《イマドキ男女のプロポーズと結婚式》
◆こんなプロポーズは嫌!三大ダメダメプロポーズは「酔っ払って」「LINEやメールで」「フラッシュモブ」
◆女性には嬉しい誤算? 婚約指輪にかけたい金額 男性 27.9 万円、女性より 5.5 万円高い結果に
◆やってみたい結婚式の演出 1 位「ケーキカット」2 位「ブーケトス」3 位「フラワーシャワー」
◆イマドキ男女の人気結婚ソング 1 位は今もっとも話題のあの歌姫! 2 位は福山雅治さん『家族になろうよ』
 嵐『One Love』は 20 代に人気、中島みゆきさんの『糸』は 30 代に人気
◆結婚指輪にいくらかけたい? 平均 28.8 万円 男性 32.3 万円 女性 25.3 万円
◆花嫁エステに理解ある男性が多い? かけたい金額 男性 14.5 万円 女性 12.4 万円
◆挙式・披露宴にかけたい金額 平均 127.9 万円 女性平均は 139.6 万円で、男性平均を 22.5 万円上回る
◆新婚旅行にかけたい金額 平均 54.1 万円、男性 50.3 万円 女性 57.8 万円
◆新生活準備にかけたい金額 平均 84.5 万円、男性は 87.4 万円で女性より 5.7 万円高い結果に

《理想の結婚生活》
◆許せない結婚後の変化「金遣いが荒い」「浮気・不倫」「乱暴」「ギャンブル」「子育てに無関心」
 愛情表現も大切! 「愛情表現がない」は4割、「スキンシップがない」は3割半が許せない
◆女性の結婚後の働き方 「子どもが生まれる前」に働きたい女性は 9 割強、妻に働いてほしい男性は 9 割半
 子どもの入園前に妻に働いてほしい男性は約 8 割 一方、働きたい女性は 6 割強で意識差が最大に
◆理想のパートナーのイメージに合う芸能人
 男性回答 1 位「新垣結衣さん」、女性回答 1 位「高橋一生さん」 今をときめく「竹内涼真さん」は 8 位にランクイン
◆理想の芸能人夫婦 1 位は「佐々木健介さん・北斗晶さん」、20 代の 1 位は「藤本敏史さん・木下優樹菜さん」

【調査結果】

《イマドキ男女の結婚観》

◆イマドキ男女は何歳までに結婚したい? 平均は32.1歳、20代平均29.1歳、30代平均35.1歳
◆何歳までに結婚しないと焦る? 20代が焦る年齢は平均33.0歳、30代は平均37.5歳

全国の20歳~39歳の結婚願望のある未婚男女1,000名(全回答者)に、理想の結婚生活や結婚式など、「結婚観」についての質問を行いました。

はじめに、全回答者(1,000名)に、何歳までに結婚したいと思うか(または、思っていたか)聞いたところ、「30歳」が18.5%でもっとも高く、次いで「35歳」が14.0%となり平均は32.1歳でした。

世代別にみると、20代では「30歳」が29.4%でもっとも高く、平均は29.1歳でした。他方、30代では「35歳」が19.4%でもっとも高くなったほか、「40歳」(18.8%)にも回答が集まり、平均は35.1歳となりました。20代は30歳を一つの節目と考え、30代は35歳や40歳を節目と考えている人が多いようです。 

次に、何歳までに結婚しないと焦るか聞いたところ、「35歳」が22.6%でもっとも高く、次いで「30歳」が16.1%、「40歳」が15.9%となり、平均は35.3歳でした。

 世代別にみると、20代では「35歳」が26.4%でもっとも高く、平均は33.0歳、30代は「40歳」が23.6%でもっとも高く、平均は37.5歳でした。

◆年の差夫婦、何歳差までOK?
「10歳以上年上もOK」は女性の3人に1人、10歳以上離れた姉さん女房がOKな男性は7人に1人

続いて、許容できる結婚相手との年齢差を聞きました。

まず、全回答者(1,000名)に、相手が年上の場合、結婚相手との年の差は何歳までがよいと思うかを聞いたところ、最多回答は「5歳」(26.2%)で、「10歳以上」が24.3%となりました。また、「0歳(同じ年がよい)」は12.7%で、平均は5.7歳差となりました。

男女別にみると、「10歳以上」は、男性では13.6%、女性では35.0%となり、男性の7人に1人、女性の3人に1人は10歳以上年上でもOKだと考えていることがわかりました。また、平均は、男性では4.4歳差、女性では7.1歳差でした。

次に、年下の場合について聞いたところ、「5歳」が25.3%でもっとも多く、「10歳以上」は22.1%となりました。また、平均は5.4歳差となっています。

男女別にみると、「10歳以上」は男性では36.6%、女性では7.6%となりました。男性の3人に1人は10歳以上年下でもOKだと考えているようです。平均は、男性が7.5歳差、女性が3.3歳差でした。

◆結婚相手に求めるもの TOP3は「性格が合う」「一緒にいて楽」「一緒にいて楽しい」、「収入の安定」より「無駄遣いをしない」が大切、「家事に協力的」は「収入の安定」と同じくらい大切

男性が結婚相手に求めること 1位「性格が合う」、容姿も重視?「容姿が好み」は3人に1人が選択

女性が結婚相手に求めること 1位「一緒にいて楽」、「収入が安定」は6割強、「経済力がある」は5割半

では、イマドキ男女が理想とする結婚相手とは、どのような人なのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、結婚相手に求めることを聞いたところ、1位は「性格が合う」(57.2%)となり、2位「一緒にいて楽である」(56.6%)、3位「一緒にいて楽しい」(55.1%)、4位「やさしい」(53.9%)、5位「心が広い」(45.1%)が続きました。性格など内面を重視する人が多く、一緒にいても気楽に過ごせる人や楽しい時間を過ごせる人も求められているようです。また、「金銭感覚が合う」(44.6%)や「ギャンブルをしない」(41.1%)、「無駄遣いをしない」(40.7%)、「収入が安定している」(36.2%)といった金銭面の事柄も上位となりましたが、収入の安定よりも浪費をしないことを結婚相手に求めている人が多いようです。

男女別にみると、男性の1位は「性格が合う」(48.8%)、女性の1位は「一緒にいて楽である」(70.4%)でした。また、男性では7位に「容姿が好みである」(32.4%)が挙がり、女性では5位に「収入が安定している」(61.6%)、9位に「経済力がある」(55.4%)が挙がりました。男性は容姿、女性は経済力も結婚相手に求める重要な条件の一つになっている様子がうかがえました。

◆結婚相手に求める年収 女性の平均額は546.6万円
結婚相手に年収400万円以上を望む女性は6割強、一方、男性は1割半

イマドキ女性の6割強が結婚相手に「収入の安定」を望み、5割半が「経済力」を望んでいることがわかりました。では、結婚相手に求める年収とは、いくらくらいなのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、結婚相手にいくらくらいの年収を求めるか聞いたところ、男性では、「0円・年収の高さは求めない」が47.8%と半数近くとなり、平均額(0円との回答を除いて算出、以下同様)は401.3万円でした。一方、女性では「400~500万円未満」が23.0%で最多回答となり、平均額は546.6万円でした。

また、『400万円以上(計)』をみると、男性は14.6%、女性は63.6%と女性では6割強になった一方、男性では1割半にとどまりました。

《イマドキ男女のプロポーズと結婚式》

◆こんなプロポーズは嫌!三大ダメダメプロポーズは「酔っ払って」「LINEやメールで」「フラッシュモブ」
女性はしっかり伝わるプロポーズを待っている! 「はっきりしない」「弱気」は女性のNG度が高い傾向

結婚の申し込みである「プロポーズ」は、結婚に駒を進めるための大きな山場です。

そこで、全回答者(1,000名)に「こんなプロポーズはダメ」と思うものについて聞いたところ、1位は「酔っぱらった状態で」(49.8%)、2位は「LINEやメールで」(46.1%)となりました。いい加減な態度や直接会わずに伝えることはよしとしない人が多いようです。以下、3位は「フラッシュモブなど大掛かり」(37.1%)、4位は「街頭ビジョンなど演出が大げさすぎ」(36.5%)となりました。相手の感動を呼ぶために計画した大仰なプロポーズも、目立ってしまうことや見世物になってしまうことで嫌がられてしまうのではないでしょうか。

男女別にみると、「言いたいことがはっきりしない」(男性10位、女性5位)や「幸せにできる自信はないけどなど、弱気」(男性トップ10外、女性9位)では、女性のほうが高い順位になりました。女性は、人生を決める大切な場面にふさわしく、しっかりと思いを伝えてほしいと思っているようです。

◆女性には嬉しい誤算? 婚約指輪にかけたい金額 男性27.9万円、女性より5.5万円高い結果に
30代は婚約指輪を不要と考える人が20代の2倍近くに、でも、必要な人は20代より高価なものを望む傾向

また、プロポーズのタイミングで贈ることが多い婚約指輪について、全回答者(1,000名)に、いくらくらいかけたいか(かけてほしいか)聞いたところ、「1~10万円未満」(20.2%)と「10~20万円未満」(21.5%)との回答が多く、平均金額(0円との回答を除いて算出)は25.3万円となりました。また、「0円」との回答も19.0%となっており、5人に1人は婚約指輪はいらないと考えていることがわかりました。

男女別にみると、男性では「10~20万円未満」(22.8%)が最多回答で、平均額は27.9万円、女性では「1~10万円未満」(24.0%)が最多回答で、平均額は22.4万円となり、男性の平均額が5.5万円高くなりました。男性は、女性より高価な指輪を考えているようです。

世代別にみると、「0円」は20代では13.4%だったのに対し、30代では24.6%となりました。婚約指輪は不要と考える人は30代になると増える傾向にあるようです。しかし、平均額をみると、20代は24.4万円、30代は26.3万円となっており、30代で婚約指輪が必要と考えている人の想定予算は、20代より高いことがうかがえます。

◆やってみたい結婚式の演出 1位「ケーキカット」2位「ブーケトス」3位「フラワーシャワー」
◆イマドキ男女の人気結婚ソング 1位は今もっとも話題のあの歌姫! 2位は福山雅治さん『家族になろうよ』
嵐『One Love』は20代に人気、中島みゆきさん『糸』は30代に人気

イマドキ男女は、自身の結婚式で行う演出についてはどのように考えているのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、結婚式(挙式・披露宴)でやってみたい演出を聞いたところ、1位は「ケーキカット」(21.4%)、2位は「ブーケトス」(20.3%)と、古くから定番とされている演出が上位となりました。以下、3位「フラワーシャワー」(19.1%)、4位「ベールダウン」(15.8%)、5位「ファーストバイト」(12.2%)が続きました。

また、結婚式には欠かせない演出の一つに音楽がありますが、イマドキ男女は自身の披露宴でどのような曲を使いたいと考えているのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、披露宴で使いたいと思う結婚ソングを聞いたところ、1位「安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』」(12.7%)、2位「福山雅治『家族になろうよ』」(11.0%)、3位「木村カエラ『Butterfly』」(10.7%)、4位「Superfly『愛をこめて花束を』」(10.2%)、5位「中島みゆき『糸』」(10.0%)となりました。1位には、2018年9月に引退することを発表した安室奈美恵さんの代表曲で、長きにわたり結婚式の定番となっている曲が挙がりました。

世代別にみると、20代・30代ともに1位は「安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』」(20代13.4%、30代12.0%)でしたが、2位は、20代では「嵐『One Love』」(13.0%)となり、30代では「中島みゆき『糸』」(11.4%)となりました。

◆結婚指輪にいくらかけたい? 平均28.8万円 男性32.3万円 女性25.3万円
◆花嫁エステに理解ある男性が多い? かけたい金額 男性14.5万円 女性12.4万円
◆挙式・披露宴にかけたい金額 平均127.9万円 女性平均は139.6万円で、男性平均を22.5万円上回る

全回答者(1,000名)に、結婚にかかる様々な費用について、それぞれいくらかけたいか(または、かけてほしいか)聞き、費用をかけたいという人の平均額を算出しました。

まず、【結婚指輪】についてみると、平均額は28.8万円となりました。男女別にみると、男性では32.3万円、女性では25.3万円と、男性のほうが7.0万円高くなりました。

次に、【花嫁エステ】についてみると、平均額は13.5万円となりました。男女別にみると、男性14.5万円、女性12.4万円と、男性のほうが2.1万円高くなりました。愛する人には、一生に一度の結婚式をできるだけキレイになって迎えてほしいと考える、理解ある男性が多いのではないでしょうか。また、世代別にみると、20代は12.8万円、30代は14.3万円と、30代のほうがやや高くなりました。

そして、【挙式・披露宴】についてみると、平均額は127.9万円となりました。男女別にみると、男性117.1万円、女性139.6万円となっており、指輪や花嫁エステとは異なり、女性のほうが高くなりました。女性は、指輪やエステの費用はできるだけ抑え、挙式・披露宴にお金をかけたいと思っているのではないでしょうか 。

◆新婚旅行にかけたい金額 平均54.1万円、男性50.3万円 女性57.8万円
◆新生活準備にかけたい金額 平均84.5万円、男性は87.4万円で女性より5.7万円高い結果に

また、新婚旅行や結婚後の新生活の準備についても聞きました。

まず、【新婚旅行】についてみると、平均は54.1万円となり、男女別にみると、男性では50.3万円、女性では57.8万円となりました。挙式・披露宴と同様、男性より女性のほうが高くなり、女性は男性と比べ、結婚指輪・婚約指輪といった“モノ”より披露宴・新婚旅行といった“イベント”にお金をかけたいと思う傾向にあるようです。また、世代別にみると、20代は55.7万円、30代は52.5万円と、20代のほうがやや高くなりました。

次に、【新生活準備】についてみると、平均額は84.5万円となりました。男女別にみると、男性は87.4万円、女性は81.7万円と、男性のほうが5.7万円高くなりました。結婚指輪や花嫁エステでも男性のほうが高くなっていましたが、新生活の準備も男性のほうがお金をかけたいと思っていることがわかりました。

世代別にみると、20代が平均80.9万円、30代が平均88.2万円で、30代が7.3万円高くなりました。新婚旅行よりは、二人の新生活に向けた準備にお金をかけたいと思う30代が多いのかもしれません。

《理想の結婚生活》

◆許せない結婚後の変化「金遣いが荒い」「浮気・不倫」「乱暴」「ギャンブル」「子育てに無関心」
愛情表現も大切! 「愛情表現がない」は4割、「スキンシップがない」は3割半が許せない
「家事がおろそか」は男性の3割強が許せない、「収入が不安定」は女性の約7割が許せないと回答

プロポーズや結婚式・披露宴についてみてきましたが、結婚後の夫婦の生活についても聞いてみました。

結婚生活を続けるなかで、パートナーの思わぬ一面が見えてくることがあるかもしれませんが、イマドキ男女はパートナーのどのような一面を許せないと感じるのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、結婚後のパートナーの態度について、許せないものを聞いたところ、もっとも多かったのは「金遣いが荒い」70.1%で、次いで、「浮気・不倫をする」69.2%、「乱暴になる」66.7%、「ギャンブルをする」59.0%、「子育てに無関心」52.5%が続きました。金遣いが荒くなってしまうことは、浮気・不倫よりも許せないという人が多いようです。また、愛情表現も大切なようで、「愛情表現がない」は40.3%、「スキンシップがない」は36.5%となりました。

男女別にみると、男性では、7位に「家事をおろそかにする」(31.2%)、8位に「愛情表現がない」(30.8%)がランクインし、女性では、5位に「収入が不安定」(68.6%)、10位に「実家での習慣などを強要する」(57.2%)がランクインしました。家事をやらなくなったり、愛情表現がなくなったりすることが許せないのは男性、収入が安定しなくなったり、自分のやり方を認めなかったりすることが許せないのは女性のようです。

◆女性の結婚後の働き方 「子どもが生まれる前」に働きたい女性は9割強、妻に働いてほしい男性は9割半
◆子どもの入園前に妻に働いてほしい男性は約8割 一方、働きたい女性は6割強で意識差が最大に

イマドキ男女は、女性の結婚後の働き方に対して、どのように考えているのでしょうか。

男性(500名)には配偶者(妻)に希望する働き方を、女性(500名)には自分が希望する働き方を聞き、結婚後に妻に働いてほしい男性の割合と、結婚後に働きたい女性の割合を算出しました。

「結婚して子どもがいないとき」では、妻に働いてほしい男性は95.2%、働きたい女性は91.2%と男女とも9割以上になりましたが、子どもが生まれたタイミングで一度大きく下降し、「子どもが幼稚園や保育園に入る前」では、妻に働いてほしい男性は79.2%、働きたい女性は63.0%となりました。しかし、「子どもが幼稚園や保育園に入っているとき」では、妻に働いてほしい男性は89.4%、働きたい女性は82.0%と、男女とも子どもが幼稚園・保育園に入ったタイミングで上昇に転じました。以降は、子どもの成長段階に合わせて上昇を続け、「子どもが小学生のとき」では、妻に働いてほしい男性は92.4%、働きたい女性は85.8%、「子どもが中学生のとき」では、妻に働いてほしい男性は93.2%、働きたい女性は89.0%となりました。

男女とも下降するタイミングやその後上昇していく傾向は同じでしたが、男女のギャップに注目すると、いずれの段階においても男性のほうが高くなっており、働きたいと思う女性より、妻に働いてほしいと思う男性のほうが多いことがわかりました。また、一番大きなギャップが現れたのは「子どもが幼稚園や保育園に入る前」で、男女差は16.2ポイントでした。

また、どのように働いてほしい・働きたいと思っているのかをみると、男性が妻に望む働き方、女性自身が望む働き方ともに「短時間勤務、パート・アルバイト」より「正社員」の割合が高くなりました。男女の比較では、男女とも「正社員」を希望する割合が高くなりましたが、「妻に正社員で働いてほしい」と思う男性が、「正社員で働きたい」と思う女性より高くなりました。

◆理想のパートナーのイメージに合う芸能人
男性回答1位「新垣結衣さん」、女性回答1位「高橋一生さん」 今をときめく「竹内涼真さん」は8位にランクイン
◆理想の芸能人夫婦1位は「佐々木健介さん・北斗晶さん」、20代の1位は「藤本敏史さん・木下優樹菜さん」

最後に、全回答者(1,000名)に、【一生一緒にいたい、理想の人生のパートナー】と、【将来お手本にしたいと思う理想の芸能人夫婦】について、それぞれのイメージに合う芸能人を答えてもらいました。

まず、【一生一緒にいたい、理想の人生のパートナー】のイメージに合う芸能人についてみると、男性回答は、数々のドラマや映画で活躍中の「新垣結衣さん」がダントツとなりました。以降、2位は「綾瀬はるかさん」、3位「石原さとみさん」の順となりました。女性回答は、大河ドラマでの演技も話題になった「高橋一生さん」が1位となり、2位「星野源さん」、3位「松坂桃李さん」、4位「西島秀俊さん」と「相葉雅紀さん」の順でした。また、20代の芸能人としては「松坂桃李さん」のほか、朝ドラで大ブレイクした、今をときめく「竹内涼真さん」が8位にランクインしました。

続いて、【将来お手本にしたいと思う、理想の芸能人夫婦】についてみると、1位「佐々木健介さん・北斗晶さん」、2位「藤本敏史さん・木下優樹菜さん」、3位「DAIGOさん・北川景子さん」、4位「藤井隆さん・乙葉さん」、5位「三浦友和さん・山口百恵さん」の順となりました。

世代別にみると、20代では「藤本敏史さん・木下優樹菜さん」が1位、「杉浦太陽さん・辻希美さん」が4位にランクインし、30代では、3位に「唐沢寿明さん・山口智子さん」がランクインしました。


「メディケア生命調べ」

【調査概要】
調査タイトル:イマドキ男女の結婚観に関する調査2017
調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする20歳~39歳の結婚願望のある未婚の男女
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル(有効回答から各性年代が均等になるように抽出)
 内訳:
 20代男性250サンプル、30代男性250サンプル
 20代女性250サンプル、30代女性250サンプル

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP