アイメイクと目の大きさに関する意識調査(20~30代働く女性対象) 

2017年11月07日
ディー・アップは、「アイメイクと目の大きさに関する意識調査」を発表。調査対象は、20~30代(20~39歳)働く女性。

<調査結果サマリー>

●働く20~30代女性の3割が、整形願望あり!?整形したい顔のパーツ第1位は“目”。
ー自分の目に満足していない人が・・・37.2%
ー整形をしたいと思う部分に『目』と答える人が・・・74.9 %

●整形願望があるものの、「メスをいれるのが怖いから」と、3人に1人が踏み切れていない現状。
ー整形をしたいと思っている人 ・・・27.8%
ー整形をしない理由・・・第1位「メスをいれるのが怖いから」・・・26.8%、第2位「金銭的に余裕がないから」・・・21.2%

●働く20~30代女性が化粧で最も力を入れるのは「アイメイク」と答えた人が7割。
また、一番意識しているのは“目を大きく見せる”ことだった!
ーあなたがご自身の化粧で最も力を入れているのはどのパーツは『目』と答えた人・・・72.2%
ーヘアイメイクで目の形をどう見せたいか・・・第1位「大きくしたい」・・・81.5%、第2位「たれ目にしたい」・・・7.8%

●「つけまつげ」の使用前後を比較した写真を見て、目が130%以上大きく見えると9割以上の人が回答、
2割の人が「つけまつげで二重にする」テクニックで、整形級に顔の印象を変えていることが判明。
ーつけまつげの使用前と使用後の目の画像を比較して、 130%以上大きく見えると回答した人・・・94.8%
ー顔の印象を変えるアイメイクの裏技として、『つけまつげで二重』をして入る人・・・18.4%

<調査結果>

■働く20~30代女性の3割が、整形願望あり!しかし、整形願望があるものの、「メスをいれるのが怖いから」と、3人に1人が踏み切れていない現状

まず、20~30代の働く女性に、「美容整形」にについて意識調査を実施。全体の約3割(27.3%)がしたいという意思があるという結果に。しかし、そのうちの9割以上(91.2%)は『したいと思うが、踏み切れないでいる』という状況。

また、整形未経験者に、整形をしない理由を聞くと、1位は「メスをいれるのが怖いから」となり、2位「金銭的に余裕がないから」、3位「倫理的にためらいがあるから」という結果に。

■自分の目に「まったく満足していない、あまり満足していない」と回答する人が約4割と判明。 整形したい顔のパーツは、他と圧倒的な差をつけて、“目”が第一位に

続いて、自分の目に関して、「まったく満足していない、あまり満足していない」と回答する人が約4割(37.2%)いることが判明し、最も整形したい部分に関しては、『目』がダントツ1位という結果となりました。

■化粧で最も力を入れるのは「アイメイク」の人が7割以上(72.2%)。8割以上(81.5%)の女性がアイメイクで一番意識しているのは“目を大きく見せる”ことだった!

次に、普段の化粧に関する実態調査を実施。20~30代の働く女性の72.2%は、化粧で最も力を入れるのは、「目(アイメイク」)と回答。中でも、化粧に最も時間を掛けている人は、120分超という人も。

■「つけまつげ」を使用前と使用後の画像を見て 『目が130%以上大きく見える』 と9割以上(94.8%)の人が回答。5人に1人が『つけまつげで二重をつくる』裏技メイクで、目を大きくして顔の印象を変えていた!

また、実際につけまつげ使用前後の比較写真を見て、目の印象の変化について聞くと、60.3%の女性が「目が大きく見える」と答えており、つけまつげによる目の大きさの変化がわかりやすい傾向にあることが明らかになりました。

「つけまつげ」の使用前と使用後の画像を比較して、「100%以下(小さくなった)」と答えた人は、全体のわずか1%という結果に。94.8%が「130%増(少し大きい)」もしくは、「150%増(とても大きい)」と答えました。
また、自分の持っている顔の印象を変えるアイメイクの裏技を聞くと、2割の人が「つけまつげで二重にする」テクニックで、整形級に顔の印象を変えていることが判明。

その他、日頃から「つけまつげ」を使用している6割(58.1%)の人は、化粧時間が「20分以下」であることが明らかになり、「つけまつげ」が時短につながることがわかりました。

<調査統括>
・20~30代の働く女性の約4割(37.2%)は自分の目に満足しておらず、3割(27.8%)が整形願望があるという結果に。
しかし、9割以上(91.2%)の人は、「メスをいれるのが怖い」「金銭的に余裕がない」といった理由で整形に踏みきれない現状。実際に、整形したいパーツ1位は、「目」であることが判明しました。

・上記のような背景もあり、7割以上(72.2%)の人が化粧で最も力を入れるのは「アイメイク」と回答し、中でも8割以上(81.5%)は「アイメイク」の際に意識しているのは、「目を大きくみせたい」ということでした。

・ 「つけまつげ」の使用前の目と使用後の目の写真を比較したところ、6割以上(60.3%)の人が「目が大きくみえる」と答え、9割以上(94.8%)の人が「130%増(少し大きい)」もしくは、「150%増(とても大きい)」と答えた。


<調査概要>
調査対象:20~30代(20~39歳)働く女性
サンプル数:600名(20代:300名、30代:300名)
調査期間:2017年9月9日(土)~10日(日)
調査エリア:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:株式会社楽天リサーチ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP