国内ストレージサービス市場実績および予測 

2017年10月26日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内ストレージサービス市場の2021年までの予測を発表しました。これによると、2016年の国内ストレージサービス市場全体の売上は2,059億9,300万円で、前年比成長率はマイナス1.1%でした。また、2016年~2021年の平均年間成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)はマイナス0.5%、2021年の売上額は2,008億9,500万円になると予測しています。

【調査結果サマリー】

・国内ストレージサービス市場の2016年~2021年の年間平均成長率をマイナス0.5%、2021年の市場規模を2,008億9,500万円と予測
・ストレージソフトウェア機能の進歩による構築作業の簡素化とオンプレミスのストレージインフラに向けた支出漸減、製品の低価格化が主な縮小要因
・モバイル、ビッグデータ、IOT、コグニティブ/AI/機械学習などに関連したアプリケーションに向けた柔軟性の高いストレージインフラの設計コンサルティングの需要は拡大

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP