ドライヤーに関するアンケート調査(第2回) 

2017年11月01日
マイボイスコムは、2回目となる『ドライヤー』に関するインターネット調査を2017年10月1日~5日に実施し、10,730件の回答を集めました。

【調査結果】TOPICS

■ドライヤー利用者は7割、女性9割弱。「ほぼ毎日」利用する人は4割弱、女性20~40代では5~6割。主利用メーカーは「パナソニック」が利用者の5割弱
■ドライヤーに期待する効果は「短時間で乾く」が利用者の7割、「髪にやさしい」「頭皮にやさしい」「髪のダメージを防ぐ」が各3割

【調査結果】

◆所有しているドライヤーのタイプ
「ドライヤー(カールドライヤー以外)」の所有者は81.4%、「カールドライヤー、くるくるドライヤー」は18.2%です。「カールドライヤー、くるくるドライヤー」は女性40代以上、ヘアーアイロンは女性20代で比率が高くなっています。

◆ドライヤーの利用頻度、利用しているメーカー
ドライヤー、カールドライヤーの利用者(以下、ドライヤー利用者)は7割、女性では9割弱です。男性では20代が7割弱と高く、高年代層ほど低くなっています。「ほぼ毎日」利用する人は38.4%、女性20~40代では5~6割、男性20~40代では3~4割です。

主に利用しているドライヤーのメーカーは、「パナソニック」がドライヤー利用者の47.0%、「コイズミ」「テスコム」が各1割となっています。

◆ドライヤー選定時の参考情報源
ドライヤー選定時の参考情報源は、「店頭の情報」がドライヤー利用者の36.1%、「商品パッケージの説明」「店員の説明」「オンラインショップの商品情報、口コミレビュー」が各10%台となっています。

◆ドライヤーに期待する効果
ドライヤーに期待する効果は、「短時間で乾く」がドライヤー利用者の70.0%で最も多く、「髪にやさしい」「頭皮にやさしい」「髪のダメージを防ぐ」が各3割で続きます。男性は「頭皮にやさしい」が2番目に多くなっています。「髪にやさしい」「髪がパサパサしない」は女性の比率が高く、男性を約20~21ポイント上回ります。『リュミエリーナ』主利用者では、「髪のダメージを防ぐ」「髪にうるおい・ツヤを与える」が上位2位です。

◆ドライヤー購入時の重視点
ドライヤー購入時の重視点は、「価格」が54.2%、「メーカー・ブランド」「重さ」「大きさ」「ナノイオン・マイナスイオン」が2割強~3割強です。女性の比率が高い項目が多く、「ナノイオン・マイナスイオン」「重さ」は特に男女差が大きくなっています。「メーカー・ブランド」は『ダイソン』主利用者で1位、『パナソニック』主利用者でも比率が高くなっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年10月01日~10月05日
回答者数:10,730名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP