化粧品に関するアンケート調査(第5回) 

2017年10月30日
マイボイスコムは、5回目となる『化粧品』に関するインターネット調査を2017年9月1日~5日に実施し、10,839件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■朝、肌のお手入れをしている人は約55%、男性2割強、女性9割。お手入れに使う時間が5分以下の人は、お手入れをする人の6割強
■スキンケア用品・化粧品の購入場所は「ドラッグストア」が使用者の6割、女性30代以上では「インターネット通販」、男性では「スーパー」の比率高い

【調査結果】

◆朝、肌のお手入れに使う時間
朝、肌のお手入れをしている人は約55%、男性2割強、女性9割です。男性は若年層ほどお手入れをする人の比率が高く、男性20・30代では各3割となっています。肌のお手入れに使う時間は、「3~5分程度」が17.1%(お手入れをする人の3割)でボリュームゾーンです。肌のお手入れをする人のうち、「5分以下」は6割強、男性8割強、女性5割強です。女性は若年層ほど時間が長い傾向です。

◆行っているスキンケア、使用しているスキンケア用品・化粧品
行っているスキンケアは、「保湿ケア」(43.0%)が最も多く、「UVケア」「美白ケア」「ハンドケア」が1割強~2割です。「毛穴ケア」は女性20・30代、「ハンドケア」は女性高年代層で比率が高くなっています。男性20・30代では、「保湿ケア」が各2割です。

使用しているスキンケア用品・化粧品は、「洗顔料」が6割弱、「化粧水、ローション」「メイク落とし」「ファンデーション」「口紅」が3~4割です。「口紅」「クリーム」「オールインワンゲル・ジェル」は女性高年代層で比率が高く、「シェービング用品」「アイライナー」「マスカラ」は女性20・30代で高くなっています。男性20・30代では、「洗顔料」が各4割、「化粧水、ローション」が各2割です。

◆スキンケア用品・化粧品選定時の重視点
スキンケア用品・化粧品選定時の重視点は、「肌との相性」「使用感・使いごこち」「効能・効果」「価格の適正さ」が上位にあがっています。

◆スキンケア用品・化粧品購入時の参考情報源
スキンケア用品・化粧品購入時の参考情報源は、「テレビ番組・CM」「店頭のPOP」「製品のパッケージ」が使用者の2~3割で上位にあがっています。女性20~30代では「商品比較サイト」「ブログ、SNSなど」の比率が高い傾向です。

◆スキンケア用品・化粧品の購入場所
スキンケア用品・化粧品購入場所は、「ドラッグストア」(61.1%)が最も多く、「インターネット通販」(32.2%)、「スーパー」(19.1%)が続きます。「インターネット通販」は、女性30代以上では4~5割と高くなっています。男性では、「ドラッグストア」に次いで「スーパー」が2位です。「ドラッグストア」は女性20代で比率が高くなっています。スキンケア用品・化粧品の1ヶ月当たりの購入額別にみると、『3000円未満』の層では「ドラッグストア」が1位ですが、『4000円~5000円未満』『5000円~10000円未満』の層では「インターネット通販」が1位です。『10000円以上』の層では、「デパート」「インターネット通販」が上位2位となっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年09月01日~09月05日
回答者数:10,839名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP