花嫁美容に関する意識調査(25~39歳の挙式後一年以内の女性(卒花)対象) 

2017年10月26日
花王は、25~39歳の挙式後一年以内の女性(卒花)779人を対象に「花嫁美容」※を実施したかを調査し、実施したと回答した591人(75.9%)の内、300 人を対象に、2017年10月10日~11日の期間で「花嫁美容に関する意識調査」 を実施いたしました。
※結婚式に向けて自分のために行う美容ケア

【調査TOPICS】

①卒花の約7割以上が結婚式に向けた「花嫁美容」を実施
②結婚式の“3ヶ月以内”から「花嫁美容」に取り組む人が約30%と最多で、駆け込み需要あり
③「花嫁美容」で最も実施されていることの1位は「フェイスケア」で85%
④最も実施したことは「フェイスケア」だったのにも関わらず、
「もっとやればよかった」と後悔していることの1位も「フェイスケア」
⑤約9割の卒花が、「花嫁美容」はからだの内側からのケアが重要!と回答
参考データ:1年間で秋に挙式を挙げるカップルが最も多い
(挙式を実施した月/披露宴・披露パーティーを実施した月)
※参考データのみ「ゼクシィ 結婚トレンド調査2017 調べ」

【調査結果詳細】

①卒花の約7割以上が結婚式に向けた「花嫁美容」を実施

最近よく耳にする「花嫁美容」とは、“結婚式に向けて自分のために行う美容ケア”のこと。

25~39歳で1年以内に結婚式を挙げた女性779人に対し、花嫁美容の実施有無を聞いたところ、なんと591人(75.9%) が花嫁美容を実施していることがわかりました。
一生に一回の結婚式にむけて美容意識の高まりが感じられます。

②結婚式の“3ヶ月以内”から「花嫁美容」に取り組む人が約30%と最多で、駆け込み需要あり
「花嫁美容」に取り組むタイミングとして、最も多かった回答は「3ヶ月以内」で29.0%、次いで2位は「半年以内」で25.0%、3位が「1年以内」で20.0%という結果に。「結婚式直前1ヶ月前」と回答した人も、約2割(19.7%)いることを考えると、「花嫁美容」は駆け込み需要の傾向があることがわかります。

③「花嫁美容」で最も実施されていることの1位は「フェイスケア」で85%
「フェイスケア」「ヘアケア」「シェービング」「歯のホワイトニング」等から、「花嫁美容」として実際に行ったケアを聞いてみたところ、1位は「フェイスケア」が85.0%、次いで2位に「シェービング」79.0%、3位が「ヘアケア」で54.0%という結果となりました。やはりフェイス部分は結婚式当日に最も注目を浴びる部分でもあるため、圧倒的に多くの人がフェイスケアに取り組んでいることが読み取れます。

④最も実施したことは「フェイスケア」だったのにも関わらず、
 「もっとやればよかった」と後悔していることの1位も「フェイスケア」

「花嫁美容」 で後悔していることがある人に対して、もっとも心残りがあり、後悔しているかを聞いてみたところ、ここでもなんと「フェイケア」が38.9%※と、最も多い結果になりました。
最近は仕事で多忙な女性が多いため、十分にケアの時間がとれなかったり、秋・冬の乾燥ダメージで肌の調子が悪くなってしまうことも予想されます。
結婚式当日は普段からのお手入れ不足が明らかになり、早めにやっておくべきだったと後悔につながってしまうのかもしれません。
※他は、「歯のホワイト二ング」38.2%、「ヘアケア」13.4%、「シェーピング」8.7%、「その他」が0.6%

⑤約9割の卒花が、「花嫁美容」はからだの内側からのケアが重要!と回答

今回の調査で、卒花の約9割(90.0%)が、内側からのケアが大切であると答えました。多くの卒花が、挙式前の多忙な花嫁こそ、内側からのケアが重要と実感しているようです。

参考データ
1年間で秋に挙式を挙げるカップルが最も多い!
6月に結婚式を挙げる“ジューンブライド”という言葉が定着していますが、実は10月、11月に式を挙げる“オータムウェディング”のほうが多いことがわかりました。夏も終わり、 皆さんの中にも友人や同僚の結婚式や披露パーティーに参加することが多くなってきた方もいるのではないでしょうか。


【花王株式会社調べ】

【調査概要】
「花嫁美容に関する意識調査」 
調査期間 : 2017年10月10 日~10月11 日
調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 :
グラフ①25~39歳の挙式後一年以内の女性 計779人
グラフ②~⑤ 25~39歳の挙式後一年以内の女性で「花嫁美容」を実施した人 計300人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP